新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 京都市で行った屋根の部分補修。台風の通過後は専門家による点検がオススメ!

2020.04.08

京都市で行った屋根の部分補修。台風の通過後は専門家による点検がオススメ!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、京都府京都市で行ったスレート瓦(カラーベスト)の差し替え工事の流れをご紹介します。今回の工事は、カラーベストが採用されたスレート屋根で、台風の強風で一部の屋根材に割れや欠落が生じてしまったことによる補修工事となります。当然、一部だとは言え、屋根材に割れや欠落が生じてしまった場合、屋根に隙間ができるという意味ですので、そこからの水の侵入を許してしまい、住宅の雨漏りリスクがかなり高くなってしまいます。したがって、何らかの理由でこういった被害が出た場合には、できるだけ早期に修理するのがオススメです。
皆さんもご存知の通り、日本は地震や台風などの自然災害が非常に多い国として有名です。特に地震に関しては、建物が倒壊してしまうような被害を出すこともありますので、近年の住宅は「できるだけ地震に強くするには?」ということを考慮され、軽量な屋根材の人気が高くなっています。しかし、ここ数年の気象を考えてみると、地球温暖化の影響なのか、台風の大型化が進んでおり、今後さらに日本に上陸する大型台風の数が増えると予想する専門家も少なくないと言われています。したがって、日本に住んでいる限りは、住宅の地震対策はもちろん、台風に対しても強い住宅を考えなければならない時代となっているのです。特に台風による屋根の被害に関しては、目に見える被害ばかりでなく、屋根の一部だけが飛ばされる…亀裂が入る…棟板金が浮いて隙間ができる…など、下から見るのでは気付くことができず、放置されてしまうことが多いです。そして、雨漏り被害に直面して初めて過去の台風によって屋根に被害が出ていたのだ…と気付くパターンも増えているのです。つまり、毎年必ず上陸する台風ですから、台風の前の事前準備や、台風が過ぎ去った後の被害確認を行うようにするのが大切になると覚えておきましょう。

参考:台風から大切な家を守るためには?台風によって考えられる屋根・外壁の被害やその対策を徹底解説!

台風はさまざまな住宅被害をもたらす

台風による住宅被害

それではまず、台風によって引き起こされる代表的な住宅被害について簡単にご紹介していきたいと思います。上述したように、日本は諸外国と比較しても自然災害が多い国として有名で、その中でも台風は夏の終わりから秋にかけて必ず全国各地に上陸します。そして、台風が過ぎ去った後には、さまざまな住宅被害を引き起こして、住人を困らせることになるのです。もちろん、強風による住宅被害は、台風以外にも春一番や木枯らしなどの季節風が存在しますが、これらの季節風と台風の違いは、猛烈な強風が長時間建物を襲う…猛烈な雨も伴う…ということで、他の強風とは比較にならないほどの住宅被害を発生させる可能性があるのです。
ちなみに、住宅に被害をもたらせる強風に関しては、気象庁による「風の強さと吹き方」の定義で紹介されており平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると、さまざまな屋根被害が出てしまう可能性があるとされています。昨年関東地方を襲った台風のことを考えてみると、最大瞬間風速で50m/sを超えていたとされますし、ここまで大きくない台風だとしても30m/s程度の強風を伴うことは珍しくありませんし、住宅にとってどれほど台風が危険かよくわかると思います。
ここでは、台風の強風によって引き起こされることが多い住宅被害をご紹介しておきます。「どのような被害が出やすいか?」を知っておけば、自然と必要な対策も考えられるものです。

POINT台風によって引き起こされる住宅被害は?

皆さんの中には「台風なんて所詮風が強いだけでしょ…」なんて大した問題ではないと考えている方もいるかもしれませんね。しかし、台風による強風は、さまざまな住宅被害を引き起こす非常に恐ろしいものだと考えておかなければいけません。以下で代表的な被害例をいくつかご紹介しておきます。

  • 強風で屋根材が飛ばされる…
    台風被害で多いのが、屋根材が強風で飛ばされてしまう…という被害です。軽量なスレートや金属屋根で多いと考えられがちですが、実は重量のある瓦屋根の方が被害を受けやすいです。スレートや金属屋根は、屋根材を釘で固定するため、きちんと点検・メンテナンスをしていれば大きな被害は出にくいです。しかし、瓦の場合は、屋根土の上に並べて置いているだけという工法もあり、その場合簡単に風で飛ばされてしまうのです。
  • 棟板金が飛ばされる…
    スレートや金属屋根では、屋根の頂上部分に棟板金が施行されています。この棟板金は、釘やコーキングで固定されているのですが、経年劣化などで固定が緩んでいる状況に強風が当たれば、意外と簡単に飛ばされてしまいます。なお、瓦屋根の場合、屋根の頂上部分の棟瓦が強風によって崩れる…という被害も多いです。
  • 飛来物によって屋根や外壁が破損…
    台風の時には、強風に煽られてさまざまなものが飛来してきます。そういった飛来物が屋根や外壁に衝突した場合、穴が開いてしまう…塗装が剥がれる…などの被害が発生する可能性があります。
  • 雨樋が破損…
    雨樋は、屋根に落ちた水を適切に排水するためのものです。台風の強風によって、雨樋が外れてしまったり、支持金具が歪んで傾斜がズレるなど、さまざまな被害が出る可能性があります。
  • 窓ガラスが割れる…
    強風による飛来物が窓ガラスに当たって割れてしまうことも多いです。

上記のように、台風による強風は、住宅にさまざまな被害をもたらします。当然、屋根や外壁が破損してしまった場合には、雨水の侵入を許してしまいますので、侵入した水によって構造部分の木材を腐食させてしまうなど、さらなる被害拡大の危険性も考えなければいけません。つまり、台風によって何らかの被害が出てしまった場合には、早期に気付き、できるだけ早く修理をするというのがとても重要になるのです。対応が遅くなればなるほど、関係のない部分まで劣化を進めてしまい、修理費用が嵩んでしまう恐れがあります。

京都府京都市で行ったスレート瓦差し替え工事をご紹介!

それでは、京都府京都市で行ったスレート瓦差し替え工事を、画像とともにご紹介したいと思います。今回の工事は、台風の強風によって屋根材の一部が割れてしまったり、欠落してしまっていたため、部分的な補修としてスレート瓦の差し替えを行ったものです。今回のような屋根の部分的な被害は、下から見たのではなかなか気付くことができず、雨漏りしてから初めて劣化していたのに気づく…ということが多いです。しかし、そのようなことになってしまうと、本来は関係のない屋根下地や屋根内の劣化まで進めてしまうことになり、大規模な修理が必要になることも多いのです。したがって、できるだけ低コストで住宅を維持していこうと思えば、台風などの自然災害後には、きちんと専門家に点検してもらうようにするのがオススメです。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。画像を見ていただければわかりますが、強風の影響によって複数個所で屋根に亀裂が入ったり、屋根材が吹き飛ばされて無くなったりしているのがわかります。このまま放置してしまうと、劣化部分から水の侵入を許してしまい、近いうちに雨漏りしてしまう危険があります。

STEP2劣化部分の屋根材を差し替え

被害を受けた部分の屋根材は丁寧に撤去していきます。撤去した部分に新しいスレート材を施工して屋根の補修工事は完了です。こういった補修工事に関しては、半日程度で作業は完了しますので、何らかの劣化を見つけた時には、早急に専門業者に連絡しメンテナンスしてもらうようにしましょう。

屋根リフォームはタイミングの見極めが重要!

今回は、京都市で行ったスレート瓦の差し替え工事をご紹介しました。今回工事を行った屋根は、台風の強風によって一部の屋根材に割れや欠落などの破損がでてしまったため、破損した部分を新しい屋根材に差し替えした工事となります。
本稿でご紹介したように、地震対策を考えた住宅づくりが進む日本ですが、台風の大型化も進んでおり、強風に耐えられる屋根の重要性も年々増しています。もちろん、定期的な点検を行い、万全な状態の屋根であれば、台風の強風が吹きつけたとしても、強風のみで大きな被害が出てしまう…なんてことは少ないです。しかし、定期的なメンテナンスなど何もせずに放置してしまっている…なんて場合は、屋根の板金が浮いている…屋根材に歪みが出ている…なんて状態になっており、そこから風が吹き込んで一気に吹き飛ばされてしまう…などと言った被害が出てしまうのです。
台風というものは、毎年必ずやってくるものですから、台風が増加する季節の前に一度屋根の点検を行い、万全な状態で台風に備えるのがオススメです。また、台風が過ぎ去った後は、小さな被害でも見逃さないように、点検をするのがオススメです。そうすることで、台風による屋根被害を少なくすることができるはずです!

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
カバー工事の費用について。カバー工事の費用が知りたい方はコチラ

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!ドローンを用いた計測・お見積もり、点検も行っております。

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00 
日曜、祝日も電話対応可能!

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。