ケイミュー社の屋根材について

  1. ホーム
  2. ケイミュー社の屋根材について

ケイミュー社は日本最大手の屋根メーカーです。ケイミュー社は「クボタ」と「松下電工」の共同出資で2003年に出来た会社で、ストレート瓦メーカーとしては圧倒的なシェアを誇ります。他にもROOGAやスマートメタルなど、非常に高性能な屋根材をラインナップしており、屋根工事には欠かせない企業と言っても過言ではありません。しかし屋根材だけで有名なわけではなく、最近ではケイミューが販売する窯業系サイディングは、非常に高い評価を受けています。

ケイミュー社商品紹介

ROOGA

ケイミュー社の中でも『ROOGA』は最高グレード品として販売されているものです。この『ROOGA』という材料は誰でも施工できる屋根材と言うわけではありません。
『ROOGA』はケイミュー社の専門講習会を受け、ケイミュー社からROOGAショップとして認められて初めて工事できるという敷居の高い材料でもあり、施工を行う会社は建設業許可証の取得や瑕疵担保険の加入も必要になります。近年では地震などに対する意識が高まり、軽量な屋根材を用いて住まいの重量負担を軽減する方法などが注目されています。今回ご紹介する『ROOGA』は、現在でも多く使用されている陶器瓦などと比較すると1/2以上も屋根への負担を軽減することもあり人気が上昇しています。

  1. 見た目は和瓦のような重厚感でもその重量は1/2以下

    大きな特徴と言えば何といってもその軽さにあります。『ROOGA』は素材の中に無数の気泡があり、見た目は重厚感のある瓦ですが、実は一般的な陶器平板瓦の半分以下の軽さを実現しています。もちろん気泡があると言ってもその気泡は樹脂膜で被膜されているので水の侵入による劣化は抑えられています。
    さらに施工方法も、軽さを追求したROOGA独自の「乾式工法」で行われます。一般的な厚型の屋根材は湿式工法(土葺き工法。土の重みで屋根固定する工法)で施工を行いますが、せっかく軽い屋根材を使用しても施工法が重ければ意味がないとの考えから施工方法まで独自の物になっています。

  2. 衝撃にも強い耐久性

    ストレート屋根や和瓦には、「割れやすい」「風で飛ばされやすい」という弱点があります。台風の多い日本では見過ごせない問題ではありますね。
    一方『ROOGA』は非常に強い耐久性を持っていて、その「耐久性」はというと大人の男性がハンマーでたたいても割れないほどです。上の動画は弊社にて実際に『ROOGA』をハンマーで叩いた動画なのでご覧ください。
    もちろん台風などの強風に関しても強い耐性を持っています。『ROOGA』の施工は下地にくぎを打ち込んで固定させるため一般の和瓦と比較すると強風などで屋根瓦が飛ばされるリスクはかなり低くなります。

  3. キレイが長持ち!
    独自技術の「グラッサコート」

    一般的にカラーベストなどのストレート瓦の耐久年数は10年と言われていて、10年ごとに足場を組んで再塗装を行う必要があります。しかし『ROOGA』はケイミュー社の独自技術「グラッサコート」を塗膜に採用しているため、色あせの原因となる紫外線から鮮やかな色、光沢を守り、美しさを長期間キープすることができます。

デメリットも
あります

  • ・他の屋根材と比較して『工事費用』が割高になる
  • ・『ROOGA』を採用した場合、少し施工期間が長くなる

『ROOGA』の製品保証を受けるためには、防水シートや胴縁等の部材もケイミュー社の純正品を使用する必要がある為、一般的な瓦屋根の施工と比較すると割高になります。しかし、再塗装の必要がないなどメンテナンスの部分が安くなるので長い目で見れば気にならないとご案内しております。

カラーベスト

カラーベストとはストレート屋根と言われるものの屋根材の一つで、他には「コロニアル屋根」「ストレート屋根」等と呼ばれるものです。この屋根は、粘土板岩を使用した建築材料全般の事を指しています。カラーベストやコロニアルという名称は、元々、旧クボタのストレート屋根材の商品名でそれがそのままストレート屋根の代名詞として使われ始め、今に至るといった所です。
カラーベストの特徴は『軽い』という事で、地震対策として屋根の軽量化を考える上では非常に有効な屋根材となります。その重量は一般的な陶器平板瓦と比較すると約1/2程度の軽さの物もあります。他にも施工費用が比較的安価になる事や、デザイン性の自由度があるなどで近年の屋根選びでは多く採用されている屋根材です。

  1. 軽くて丈夫な屋根材

    軽量な屋根材です。近年の家づくりでは『軽量』と言うのは非常に重要なポイントで、建物の耐震化のためには屋根の軽量化をどうやって行うかを考える必要があります。また、この屋根材はケイミュー社独自の「ハイパー・ドライ製法」で作られており、屋根材の成形時に必要最小限の水しか供給しないそうです。そのため基材が緻密になり、長期間その強さを維持できます。

  2. キレイが長持ち

    カラーベストのデメリットは、カラーベストの耐久年数もあり約10年に1度、屋根塗装を行う必要があるということです。しかし、ケイミュー社のカラーベストは、無機顔料を混合した「無機化粧層」、細かい石に釉薬加工を施した「無機彩石層」、無機系塗膜「グラッサコート」の3層構造となっており、今までのカラーベストとは違い、色あせしにくく長く美観を保ちます。ケイミュー社のカラーベストは「超促進耐候性試験(メタルウェザー試験)」でも30年相当でも色落ちがなく、耐用年数も約30年と非常に長くなっています。

  3. 日本の気候に対応した防災性能

    ケイミュー社のカラーベストは地震に強いのはもちろん、台風等の多い日本の気候にも強い屋根材です。この屋根材を用いた施工は、一枚一枚の屋根材を4本の釘で固定するため、強風による屋根材の飛散やズレを最小限に抑えます。また、大雨に強い防水設計や防火・防音性のも高く、正に日本の住環境の事を考えた非常に優れた屋根材として非常に人気があります。

カラーベスト
施工実績詳細はこちら

ゼファンはケイミュー社主催のコンテストで2連覇しました

ケイミュー社主催で行われた屋根材「カラーベスト」の施工量を競うパートナーショップコンテストで、2017年、2018年2年連続で1位「プラチナ賞」を受賞し2連覇しております。
2018年には商品別ではグラッサで1位、スマートメタルで1位、ROOGAで2位を受賞しました。
受賞は多くのお客様、工務店様、元請け様からたくさんの新築現場・リフォーム現場の屋根工事のご依頼をいただき、手がけさせていただいた結果でございます。
今後もお客様にご満足いただけるサービスを提供してまいります。

※2018年現在

ゼファンの受賞実績はこちら

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>9:00-19:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根工事・外壁工事を行います。