新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 台風で被害を受けたモニエル瓦屋根の葺き替え工事。コロニアルグラッサで屋根軽量化も実現!

2020.03.23

台風で被害を受けたモニエル瓦屋根の葺き替え工事。コロニアルグラッサで屋根軽量化も実現!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、大阪府豊中市で行った屋根葺き替え工事の流れをご紹介します。今回工事を行った屋根は、モニエル瓦を採用した屋根で、台風の強風によって棟部分の瓦が吹き飛ばされてしまったことにより弊社にお問い合わせいただいた工事となります。屋根の棟部分は、住宅の中でも最も高所になるため、台風などの強風によって被害が出てしまうことは珍しくありません。一般的には、棟部分の補修だけでも雨漏りさせないような屋根に復旧させることはできるのですが、今回の屋根は屋根材自体が廃盤商品となっているということもあり、新たに軽量なコロニアルグラッサへの葺き替えをご提案させていただきました。モニエル瓦は、重量のある屋根材ですので、台風や地震などの影響を受けやすくなってしまうため、今回は屋根の軽量化を行い今後の自然災害対策も含めた屋根リフォームとなりました。
屋根材にはいろいろな種類があり選択する屋根材によって得られるメリットが異なります。例えば、日本国内で古くから利用されている『瓦』に関しては、非常に耐久力が高いことや日本建築特有の外観を実現してくれるなどのメリットがあるのですが、非常に重量のある屋根になってしまい、地震や台風などの自然災害時には被害が出やすくなってしまうという弱点を持っています。そのため、近年では軽量で自然災害などに強いと言われる金属屋根やスレート屋根の人気が高くなっているのです。今回導入したコロニアルグラッサは、スレート屋根に分類される屋根材で、新築業界ではトップクラスの人気を誇っています。
ちなみに弊社は、2017、2018、2019年ケイミュー社のコロニアルグラッサ施工件数近畿一位を受賞していますので、コロニアルグラッサへの葺き替えをご検討中の方がいれば、お気軽にお問い合わせください。

参考:葺き替え工事の詳細や費用相場について

台風による住宅被害はどのようなものがある?

台風による住宅被害

それではまず、台風によって引き起こされる主な住宅被害について簡単にご紹介しておきましょう。皆さんもご存知のように、日本は毎年いくつかの台風が必ず上陸する国であり、台風が過ぎ去った後にはさまざまな住宅被害が発生します。もちろん、春一番や木枯らしなど、台風以外にも強風による住宅被害が発生する場合もあるのですが、これらの季節風と台風の違いは、猛烈な強風が長時間建物を襲う…猛烈な雨も伴う…ということで、他の強風とは比較にならないほどの住宅被害を発生させるのが台風なのです。
それでは、住宅被害が発生してしまう強風とはどのようなものなのでしょうか?気象庁による「風の強さと吹き方」の定義によると、平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると、さまざまな屋根被害が出てしまう可能性があるとされているのです。例えば、昨年9月に関東地方を襲った台風15号を考えてみると、最大瞬間風速が50m/sを超えていたとされ、ここまで大きくない台風でも30m/s程度の強風が普通に吹きますし、台風がどれだけ建物にとって危険なのかということが良くわかります。
以下で、台風の強風によって引き起こされることが多い住宅被害をご紹介しておきますので、「強風によってどのような被害が出やすいか?」あらかじめ頭に入れておきましょう。

POINT台風による住宅被害の種類について

それでは、台風の強風によって引き起こされる住宅被害の代表例をご紹介していきましょう。大型台風の後には、屋根に何らかの被害が…などと不安になるかもしれませんが、実は屋根だけでなく外壁にも被害が出てしまう危険がありますので注意しましょう。

  • 強風で屋根材が飛ばされる…
    強風による被害で多いのが、屋根材が飛ばされてしまう…というものです。一般の人からすれば、金属屋根やスレートなど軽量な屋根材ほど飛ばされやすい…と考えるかもしれませんが、実は重量のある瓦の方が被害は多いです。これは、スレートや金属屋根は、屋根材が釘で固定されているのですが、瓦は屋根土の上に並べられているだけの住宅も多いなど、工法の違いによります。
  • 棟板金が飛ばされる…
    屋根の頂上部分は強風の影響を最も受けやすいです。そのため、スレートや金属屋根の棟板金や瓦屋根の棟瓦に被害が出ることが多いです。
  • 飛来物によって屋根や外壁が破損…
    台風の時には、強風に煽られてさまざまなものが飛来してきます。そういった飛来物が屋根や外壁に衝突した場合、穴が開いてしまう…塗装が剥がれる…などの被害が発生する可能性があります。
  • 雨樋が破損…
    雨樋は、屋根に落ちた水を適切に排水するためのものです。台風の強風によって、雨樋が外れてしまったり、支持金具が歪んで傾斜がズレるなど、さまざまな被害が出る可能性があります。
  • 外壁材が飛ばされる…
    外壁周りで使用している構造材が、台風による強風で損壊して飛ばされてしまう場合があります。
  • 窓ガラスが割れる…
    強風による飛来物が窓ガラスに当たって割れてしまうことも多いです。

台風などの強風は、上記のような住宅被害を引き起こしてしまう危険があります。特に注意が必要なのは、「猛烈な雨も伴っている」ということで、強風で被害を受けた部分から雨水が侵入してしまい、雨漏り被害にまで発展することが多いです。

大阪府豊中市で行った葺き替え工事をご紹介!

それでは、大阪府豊中市で行った屋根葺き替え工事の流れを、画像とともにご紹介したいと思います。今回の工事は、台風の強風によって棟部分に被害を受けてしまったモニエル瓦について、新たにケイミュー社が販売するコロニアルグラッサを利用して葺き替えを行った工事となります。モニエル瓦は、和瓦の屋根よりは軽量になるのですが、それでも近年人気となっている金属屋根やスレート屋根よりも大幅に重くなってしまいます。したがって、今後の自然災害対策も考えて、今回は屋根の軽量化も考えた屋根リフォームをご提案させていただきました。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。画像を見ていただければわかりますが、強風の影響によって、屋根の棟部分に大きな被害が出てしまっています。今回の屋根に関しては、使用されているモニエル瓦が廃盤商品となっていたため、部分的な補修ではなく、コロニアルグラッサによる葺き替え工事をご提案させていただきました。

STEP2既存屋根の撤去

まずは既存屋根材を全て撤去していきます。

STEP3屋根下地の施工

既存屋根材の撤去完了後、屋根下地の施工を行います。不陸調整を行ったうえで、コンパネ下地を施工します。葺き替え工事では、このように屋根下地から修理可能となるので、屋根のみは新築のように新しくなり、建物の寿命をのばすことができます。

STEP4ルーフィングの施工

屋根下地の施工完了後、ルーフィングを施工します。ルーフィングは、屋根の二次防水を担っていますので、丁寧に施工します。

STEP5コロニアルグラッサを施工し、工事完了

最後に新屋根材となるコロニアルグラッサの施工を行い、今回の葺き替え工事は完了です。今までのモニエル瓦を採用した屋根とは全く異なり、スタイリッシュな外観が実現できたためお客様にも大変喜んでいただけました。今回の工事で屋根の重量も大幅に軽量化できたため、今後の地震や台風などの自然災害対策としても有効な屋根リフォームとなりました。

屋根リフォームはタイミングの見極めが重要!

今回は、大阪府豊中市で行った、屋根の葺き替え工事をご紹介しました。上述したように、今回工事を行った屋根は、台風の強風で屋根の棟部分に被害が出てしまっていたためその修理として行った工事となります。本来は、部分的な修理のみでも復旧できる程度の被害でしたが、今回の屋根で採用されていたモニエル瓦がすでに廃盤商品となっていたため、屋根の軽量化も考えてコロニアルグラッサによる葺き替えをご提案させていただきました。
地震の多い国として有名な日本では、「地震が発生しても耐えられる住宅づくり」が注目されるようになっており、金属屋根やスレート屋根の人気が高くなっています。しかし、近年の気象条件を考えてみると、自然災害は地震だけでなく「台風による被害を抑えるには?」ということも考えなければならない時代になっているように思えます。ここ数年を考えてみると、一昔前の台風の進路では考えられないような動きをする台風が増えていますし、何より風速なども強くなっているような気がします。したがって、今後の日本の住宅を考えた場合、「毎年必ず発生する台風の対策」は欠かせないことだと思います。台風のことを考えても、スレート屋根や金属屋根は強いと言われているのですが、こういった屋根の棟板金は台風による被害が多いと有名です。したがって、自然災害に強い屋根材を導入したことに安心するのではなく、台風が増える時期の前にはきちんと屋根の点検を行うようにする等、日々のメンテナンスも欠かさないようにしましょう。

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
カバー工事の費用について。カバー工事の費用が知りたい方はコチラ
台風から大切な家を守るためには?台風によって考えられる屋根・外壁の被害やその対策を徹底解説!

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!ドローンを用いた計測・お見積もり、点検も行っております。

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00 
日曜、祝日も電話対応可能!

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。