新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 大阪府中央区で行った葺き替え工事。間違ったラバーロックは屋根をダメにします!

2020.11.24

大阪府中央区で行った葺き替え工事。間違ったラバーロックは屋根をダメにします!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、大阪市中央区で行った、瓦屋根からスーパーガルテクトへの葺き替え工事をご紹介します。今回工事を行った瓦屋根では、地震や台風があった際に、揺れや強風で屋根に大きな被害が出ないよう、屋根材同士を連結し強度を上げる工法である『ラバーロック工法』が施工されていた屋根です。ラバーロック工法は、一昔前に悪徳訪問販売業者の詐欺手口として採用されていたため「ラバーロック=詐欺業者」だというイメージを持っている方も多いです。しかし、きちんと知識を持った屋根の専門業者が行うラバーロック工法は、瓦屋根の自然災害対策として、非常に有効な方法となります。

ただし、今回工事を行った屋根に関しては、完全に間違った方法によるラバーロックが行われていました。このような状況になった瓦屋根に関しては、屋根材である『瓦』の再利用もできなくなってしまうため、葺き替え工事によるメンテナンスを選ばざるを得ません。さらに、葺き替え工事のコストを嫌い、そのままの状態で放置してしまうと、屋根下地の劣化を急速に進めてしまい、雨漏りを引き起こしてしまう危険があるのです。
今回は、屋根材である瓦の劣化も見られたため、今後の災害対策も考えて、軽量なスーパーガルテクトへの葺き替えをご提案しました。この記事では、皆さんがおさえておきたい『ラバーロック工法』の基礎知識もご紹介しておきますので、ぜひ最後まで読んでください。

ラバーロック工法の基礎知識

それではまず、皆さんがおさえておきたいラバーロック工法の基礎知識からご紹介します。ラバーロック工法自体はそこまで複雑なものではなく、簡単に言うと「瓦屋根を接着剤(ラバー)で固定(コーキング)させる工法」のことを指しています。要は、瓦と瓦を接合させることで、地震の揺れや台風の強風などにより、屋根材がズレてしまうということを防ぐものです。

このラバーロック工法は、正しい知識を持った業者が正確に施工した場合、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 瓦の隙間を埋めることができる
    瓦は、『耐久力がとても高い』ということが特長の屋根材です。他の屋根材と比較すれば、瓦の寿命は非常に長く、なんと100年以上も現役で利用される場合もあるのです。しかし、いくら耐久力が高いと言っても、徐々に劣化はしてしまうことになりますので、次第に瓦屋根に歪みなどが生じてしまうのです。屋根に歪みが生じてしまえば、そこに隙間ができてしまい、雨漏り原因となってしまいます。ラバーロックは、こういった屋根にできる隙間を埋めることができるのです。
  • 瓦のズレ、飛散を防ぐ
    築年数が経過した瓦屋根では、屋根土の上に瓦を並べて噛み合わせるだけという施工方法がとられています。そして、経年劣化により、屋根に小さなズレができてしまうと、そこから強風が吹きこんでしまい、一気に瓦が捲れてしまう…なんて被害につながるのです。ラバーロックは、瓦同士をコーキングでつなぎますので、屋根材がズレるのを防止し、屋根全体として耐久力を向上させることができます。したがって、地震や台風の影響を受けても、びくともしない瓦屋根を実現することができるのです。瓦屋根のズレは、雨漏り原因にもなりますので、ラバーロックは雨漏り防止の役目も果たすことができます。

上記のように、正しい知識を持った業者に施工されるラバーロック工法は、屋根自体の耐久力を向上させるなど、非常に大きなメリットがあるのです。

POINT間違ったラバーロック工法とは?

それでは、間違ったラバーロック工法とはどういったものを指しているのでしょうか?そもそもラバーロック工法というものは、原則として『瓦の桟山部分の上下の部分』にのみコーキングを施工するものです。屋根材の固定だけを考えれば、瓦の四方全体にコーキングを施工したほうが、強度自体は強くなることでしょう。しかし、このような施工を行ってしまうと、以下のような致命的なデメリットが生じてしまうのです。

  • 屋根内の湿気の逃げ場がなくなり、屋根下地の劣化や腐食を招く。
  • 侵入した雨水の逃げ場がなくなり、雨漏りの原因となる。
  • 瓦の特徴である『部分補修』が不可能になる。
  • 瓦の再利用が出来なくなる。

どのような屋根材を採用していたとしても、屋根に降り注いだ雨水すべてを屋根材だけで防ぐことはできません。皆さんは、屋根材によって雨水が侵入するのを防いでいると考えていると思いますが、一定量の雨水は屋根材の隙間から内部に侵入し、その水は屋根材とルーフィングの間を抜けていくように作られているのです。つまり、ラバーロックによって屋根の隙間が全てなくなってしまうと、内部に侵入した水の抜け道がなくなってしまう訳です。そして、屋根内に長時間湿気がこもってしまうことになり、下地やルーフィングが腐食して雨漏りに発展するのです。

ラバーロック工法は、瓦屋根の自然災害対策として非常に有効なのは間違いありませんが、それはあくまでも「正しい方法で施工されたラバーロック」に限ります。上述した内容をしっかりと頭に入れておき、悪徳業者の間違ったラバーロックによる被害を未然に防ぐようにしましょう。

関連記事:「ラバーロック工法は詐欺…」はウソ!正しい施工方法とそのメリットを知っておきましょう!

大阪市中央区で行った屋根葺き替え工事をご紹介!

それでは、大阪市中央区で行った屋根葺き替え工事の流れを、画像とともにご紹介したいと思います。今回工事を行った瓦屋根では、瓦の四方をコーキングで固定されているなど、間違ったラバーロックが施工されていました。このまま放置してしまうと、屋根内の湿気の逃げ場がないため、屋根下地が腐食してしまい、雨漏りに発展してしまう危険があります。そこで今回は、今後の災害対策も考慮して、軽量なスーパーガルテクトへ葺き替えを行いました。「瓦屋根⇒金属屋根」という葺き替え工事ですので、建物の外観も大幅に変わることになるのですが、屋根の軽量化ができ、耐震性能の向上が期待できます。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。上の画像から分かるように、屋根全面にコーキングが施工されています。屋根材がズレてしまう…といった心配はなくなるのですが、この施工方法では、湿気の逃げ道がなくなってしまい、逆に屋根の寿命を縮めてしまうことになるのです。そこで今回は、屋根軽量化も実現できるスーパーガルテクトへの葺き替えをご提案しました。

STEP2既存屋根を撤去

まずは既存屋根を全て撤去していきます。屋根材の下には屋根土が施工されているのですが、この施工方法が瓦屋根の重量が重くなってしまう原因でもあります。

STEP3不陸調整、コンパネ下地の施工

既存屋根材の撤去が完了すれば、屋根下地の不陸調整を行います。不陸調整後はコンパネ(12mm)下地を施工していきます。

STEP4ルーフィングの施工

屋根の二次防水を担うルーフィングを施工していきます。葺き替え工事は、このように屋根の下地部分から補修することができますので、屋根を根本的に修繕することができ、建物自体の寿命を延ばすことにもつながるのです。

STEP5スーパーガルテクトの施工

屋根下地の完了後、新たな屋根材であるスーパーガルテクトの施工を行います。スーパーガルテクトは、非常に軽量な金属屋根素材で、屋根の軽量化を実現し建物の耐震性向上が期待できます。

STEP6葺き替え工事完了

上画像が施工完了後の屋根です。瓦屋根から金属屋根への葺き替えでしたので、建物の外観イメージが大きく変わりました。金属屋根の場合は、洋風建築の様な外観になりますので、どうしても瓦屋根の見た目に拘りたいという方は、ケイミュー社のルーガなどによる葺き替えがオススメです。

まとめ

今回は、大阪市中央区で行った屋根葺き替え工事の流れをご紹介しました。今回工事を行った屋根では、間違った方法によるラバーロックが施工されており、そのまま放置してしまうと、屋根内部の腐食を一気に進めてしまう危険があったため、葺き替え工事をご提案しました。ラバーロック工法に関しては、地震や台風などの自然災害に備えておきたいという希望があったため行ったと聞きましたので、今回は非常に軽量で地震や台風にも強い屋根を実現できるスーパーガルテクトをオススメしました。

日本国内で古くから採用されている瓦屋根は、非常に耐久力が高く、遮音性能なども高いと言う点がメリットです。しかし、粘土を焼成して造られるという素材的特徴から、非常に重量のある屋根材となってしまうのです。屋根が重くなってしまえば、建物の重心が高くなってしまい、地震の揺れによる影響を大きく受けてしまうことになります。また、瓦屋根は風が吹き込みやすい構造となっているため、台風の強風による被害も実は最も多いと言われているのです。
ラバーロック工法は、こういった瓦の弱点を解消するために開発された工法で、正しく施工された場合には非常にメリットの多い施工方法と言えます。しかし、今回の屋根のように、専門的知識の薄さから間違った施工方法を採用されてしまう場合も珍しくなく、そういった住宅では、ラバーロックが原因となり雨漏りが発生してしまうことになるのです。

屋根工事は、住宅の中でも最も専門性が高い分野になりますので、施工を依頼する業者が本当に屋根に関する知識を持っているのか見極めなければいけません。最近では、屋根工事の経験が少ない一般のリフォーム業者が屋根業界に進出してきていますので、しっかりと業者を見極める対策も考えておくのがオススメです。

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
葺き替え工事の費用について。屋根リフォームの費用相場が知りたい方はコチラ
カバー工事の費用について。屋根リフォームの費用相場が知りたい方はコチラ

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!ドローンを用いた計測・お見積もり、点検も行っております。

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00 
日曜、祝日も電話対応可能!

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。

屋根のことなら、今すぐお問合せ下さい!
「他社より必ず安くできる理由」をお伝えします!

メールは24時間以内に返信!

0120-03-8814

LINE対応OK!