新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 京都市で行った屋根リフォーム!カバー工法なら安価に工事が可能です!

2019.08.16

京都市で行った屋根リフォーム!カバー工法なら安価に工事が可能です!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、京都市で行ったストレート屋根のカバー工事を画像とともにご紹介します。ストレート屋根は、軽量で比較的安価に施工ができるというメリットがあり、近年の新築業界で最も高いシェアを誇る屋根の種類となっています。しかし、このストレート屋根は、屋根材自身が防水機能を持っておらず、表面に施されている塗装の効果によって一時防水を担っているということはあまり知られていません。つまり、ストレート屋根において雨漏り対策を進める場合には、定期的に屋根塗装が必要になり、塗装の種類によりますが7~10年程度に一度の再塗装が必要ということを頭に入れておきましょう。
今回工事を行った屋根は、この塗膜の効果が切れてしまっており、屋根表面が色あせて建物の美観も壊してしまっている状態でした。屋根材自体の劣化も進行していましたので、今回は再塗装で対処するのではなく、新たな屋根材を施工するカバー工法をお勧めしました。カバー工法は、既存屋根の上から新屋根材を施工していく手法で、現在ストレート屋根のリフォーム手段として非常に人気です。このカバー工法であれば、既存屋根材の撤去が必要ないため、工期も短く、葺き替え工事と比較してかなり安価に屋根を生まれ変わらせることができるのです。
現在、ストレート屋根の建物に住んでいる方で、2度目の再塗装をお考えであれば、カバー工法で対処することも候補に入れておいた方が良いですよ。屋根材の劣化状況によっては、再塗装しても数年で雨漏りしてしまう…などといった事も考えられるため、長期的にみると建物のメンテナンスコストを抑えることにつながるのです。

カバー工法のメリット

それではまず、屋根リフォーム手法の一種であるカバー工法を簡単にご紹介します。冒頭でも触れましたが、カバー工法はカラーベストなどを使用しているストレート屋根のリーフォームにて主に利用される手法で、既存屋根の上から新たな屋根材を葺いていく工法です。したがって、施工後の屋根は二重構造となるため、「重ね葺き」「重ね張り」「被せ張り」などという別名で呼ばれることもあります。
カバー工法は、通常の屋根とは違い、二重構造となるため「屋根が重くなるのでは…?」と心配する人もいます。しかし、カバー工法では、非常に薄く軽量なことが特徴であるガルバリウム鋼板製の屋根材が主に採用されるため、二重構造になったとしても瓦屋根よりも圧倒的に軽く、建物の耐震性能にもそこまで大きな悪影響はないと言われています。
なお、「既存屋根の上から新屋根材を葺いていく」という施工手法の特性上、どのような屋根でもカバー工法が採用できるわけではありません。例えば、経年劣化で屋根の下地などが激しく劣化している…などといった場合、下地から補修する必要があるため、葺き替え工事を選ばなければいけません。そのため、将来的にカバー工法での屋根リフォームをお考えというのであれば、定期的に屋根の劣化状況を確認しておき、リフォームのタイミングを逃さないようにしなければいけません。
カバー工法で屋根リフォームを進める場合のメリットは、以下のようなことが考えられます。

  • 安価に屋根改修ができる
    カバー工法は、上述したように、既存屋根の撤去が無いため、葺き替え工事などと比較すると、施工費用が安価になります。
  • 工期が短くて済む
    カバー工法は、既存屋根の撤去工事が無いため、工期が短くなるのもメリットです。
  • 屋根のさまざまな性能が上がる
    屋根が二重構造となるため、断熱性・防音性・防水性などの性能が高くなります。

京都市で行ったカバー工事をご紹介!

それでは、京都市で行った屋根カバー工事の流れを、画像とともにご紹介したいと思います。今回の工事は、経年劣化が進んだストレート屋根のリフォームで、新屋根材としてアイジー工業の『スーパーガルテクト フッ素』を採用しました。スーパーガルテクトは、ガルバリウム鋼板がさらに進化して耐久力・防錆効果などが向上した『SGL(スーパーガルバリウム)』を素材に採用しています。そのため、金属なのにサビにくく、軽量で耐震性の高い屋根を実現してくれます。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。画像から分かるように、屋根表面の塗膜の効果が切れており、かなり色あせているのがわかります。この状態では、建物の美観を壊すだけでなく、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。

STEP2ルーフィングの施工

既存屋根の上からルーフィングを施工します。カバー工法は、既存屋根の撤去が必要ないため、工事も短期間・安価に進めることができます。

STEP3新屋根材を施工

ルーフィングの施工完了後、新屋根材の『スーパーガルテクト フッ素』を施工します。スーパーガルテクトは、カバー工法に使いやすいように開発されていますので、施工もスムーズです。また、カバー工法は、屋根が二重構造となるのですが、ガルバリウム鋼板製の屋根材であれば非常に軽量で、建物の耐震性能に大きな悪影響もありません。

STEP4棟板金を施工してカバー工事完了

最後に棟板金を施工して、今回のカバー工事は完了です。屋根の各所が色あせてしまい、美観を壊していた屋根もスタイリッシュに生まれ変わりお客様にも大変喜んでいただけました。今回のカバー工事によって、屋根の防音性の向上や屋根裏の断熱性アップなど、美観向上以外にもさまざまな機能的メリットも得られました。ストレート屋根の再塗装をお考えであれば、カバー工法で屋根を生まれ変わらせることも考えてみましょう。

屋根と外壁のメンテナンスは同時にやるのがオススメ!

今回は、京都府京都市で行った、屋根のカバー工事をご紹介しました。今回の工事は、経年劣化で塗膜の効果が切れてしまっていたストレート屋根において、新たにスーパーガルテクトフッ素を重ね葺きした工事です。ストレート屋根の塗装は、建物の美観維持のためだけに施されているのではなく、屋根の一時防水や断熱効果など、さまざまな役割を持っているのです。この屋根の塗装は、塗料の種類にもよりますが、約10年程度で寿命が来てしまいますので、定期的な再塗装が必要不可欠となってしまいます。
ただし、屋根材の寿命を考えた場合、築20年程度経過した建物の2度目の再塗装であれば、カバー工事や葺き替え工事など、屋根全面のリフォームを考えた方が良い場合も多いです。築20年程度になると、屋根材自体にひび割れが出てくるなど、さまざまな問題が表面化してきますので、再塗装を行ったとしても数年で屋根材がダメになってしまう…なんてことも考えられるのです。つまり、せっかく再塗装したのに、塗膜の効果が残ったまま葺き替え工事やカバー工事などのリフォームが必要になり、再塗装の費用が無駄になってしまう可能性があるのです。
こういった屋根リフォーム手法に関して、現状の屋根の状態で「何が最適か?」ということを一般の人が見極めるのはなかなか難しいものです。ゼファンでは、打ち合わせの段階から経験豊富なプロの屋根職人がお伺いいたしますので、お客様のご要望やご予算を伺ったうえで、最適な工法・屋根材の提案を行います。ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
カバー工事の費用について。カバー工事の費用が知りたい方はコチラ

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。