新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 門真市で行った屋根の葺き替え工事。和瓦からルーガへの葺き替えで、地震や台風に強い屋根を実現!

2019.07.22

門真市で行った屋根の葺き替え工事。和瓦からルーガへの葺き替えで、地震や台風に強い屋根を実現!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、大阪府門真市で行った屋根の葺き替え工事をご紹介します。今回工事を行った建物は、古民家のような伝統的な日本建築でしたが、複雑な屋根形状と和瓦を採用していることで、地震や台風などの自然災害に不安があるとのことでした。そこで今回は、ケイミュー社が販売するハイブリット瓦『ルーガ雅』を新屋根材に採用し、葺き替え工事を進めました。
ルーガ雅は、伝統的な瓦屋根の景観はそのままに、従来の陶器平板瓦の半分以下の重量しかなく、軽量で耐震性の高い建物を実現する屋根材として非常にオススメです。また、1枚1枚の屋根材を釘で固定していくという、ルーガ専用の施工方法のため、台風の強風などにも非常に強い屋根を実現してくれます。日本国内では、瓦が重く、自然災害時に被害が出やすいと言われるものの、重厚感のある独特な外観を実現してくれる『和瓦』にこだわりを持っている方が少なくありません。こういった方には、和瓦の弱点を全て取り除いてくれ、さらに日本建築独特の外観は保ってくれるルーガ雅が非常にオススメですよ。
現在、建物の耐震対策や、台風対策を進めたいけれど、瓦屋根にもこだわりたい…と迷っている方は、ルーガシリーズを屋根材の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

自然災害に強いと言われるルーガシリーズ

それではまず、ケイミュー社が販売するルーガシリーズについて簡単にご紹介しておきます。ルーガの最も大きな魅力といわれるのが、瓦なのに非常に軽量だということです。建物の屋根は、重量が重くなればなるほど、重心が高くなってしまうため、地震時に建物が大きく揺られてしまい、倒壊などのリスクが高くなってしまいます。したがって近年では、できるだけ軽量な屋根を実現できる屋根材が好まれるのです。しかし、日本では、古くから瓦屋根が採用されていたこともあり、瓦屋根の独特な景観にこだわりを持つ人も多いです。そういった方は、軽量な屋根の方が、耐震性能が高くなるとわかってはいるものの、金属屋根やストレート屋根には抵抗を感じるため、屋根の軽量化を諦めているという人もいるようです。
そこでオススメなのがこのルーガシリーズです。ルーガは、日本建築が並ぶ京都市内であっても違和感なく採用できるような外観を持っていますし、さらに一般的な陶器平板瓦の半分以下の重量しかありません。したがって、日本建築の景観を保ったまま屋根の軽量化を実現できるのです。
ルーガシリーズが自然災害に強いと言われるのは以下のような理由からです。

POINT1耐久力が高く、強風にも強い

一般的に、ストレート瓦や陶器瓦は、衝撃には弱く、割れやすいということや風に飛ばされやすいという弱点を持っています。
しかしルーガは、上の動画を見ても分かるように、大人の男性がハンマーで叩いたとしても割れないほどの耐久力を誇ります。
またルーガは、野地板に釘で固定するという専用の施工方法で葺いていきますので、通常の陶器瓦と比較しても台風などの強風に対して非常に強いです。

POINT2軽量で地震に強い

ルーガは、上述したように一般的な陶器平板瓦の半分以下の重量しかありません。したがって、ルーガを採用した屋根は、屋根全体を軽量化することができ、地震などがあった際にも横揺れが小さくなり、屋根材の落下やズレ、倒壊のリスクが低くなるのです。
元々日本は、台風が多い地域ということもあり、どちらかと言うと屋根を重くして台風に対して強い屋根にすると言う考えが主流でした。しかし、阪神・淡路大震災や東日本大震災を経験した近年では、どれだけ屋根が軽量化できるのかなど、耐震性能を考えた家づくりが常識となっています。

大阪府門真市で行った屋根葺き替え工事をご紹介!

それでは、大阪府門真市で行った屋根葺き替え工事の流れを、画像とともにご紹介したいと思います。今回の工事は、地震や台風に対する耐久性を考えた屋根を実現するため、軽量で非常に強いルーガ雅への葺き替えを行いました。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。非常に重厚感のある日本建築で、瓦屋根の外観を保ちたいと考えるのはよくわかりますね。しかし、これだけ複雑な屋根形状となると、屋根重量は相当な重さとなり、耐震性は少し心配になります。また、漆喰のメンテナンスなど、ランニングコストも高くなってしまいます。

STEP2既存屋根を撤去

まずは既存屋根を全て撤去していきます。既存屋根の撤去後、屋根下地の補修を行うのですが、葺き替え工事のメリットは、屋根下地から補修できるという点です。

STEP3ルーフィングの施工

屋根下地の補修完了後、ルーフィングの施工を行います。ルーフィングは、屋根の二次防水を担っているものですので、丁寧に施工していきます。

STEP4ルーガ雅を施工し、工事完了

最後にルーガ雅の施工を行い、今回の葺き替え工事は完了です。ルーガ雅への葺き替えで、屋根の重量は半分以下となり、建物の耐震性能も大きく向上したと考えられます。また、屋根材はしっかりと固定されていますので、強風への耐久性も大幅に改善しています。
なお、画像からも分かるように、日本建築特有の重厚感は一切失うこともなく、自然災害対策を進めることができたため、お客様にも大変喜んでいただけました。

瓦屋根の外観にこだわって屋根軽量化をするならルーガがオススメ!

今回は、大阪府門真市で行った、屋根の葺き替え工事をご紹介しました。今回は、和瓦を採用した建物で、ルーガ雅への葺き替えで、地震や台風などの強風に強い建物を実現しました。
本稿でもご紹介したように、古くから日本国内で使用されている和瓦は、非常に重量が重いということや、風を含みやすい屋根構造となるため、台風や地震に対する耐久性が弱いと言われるようになっています。そのため近年では、できるだけ軽量な屋根を実現できるよう、ストレート瓦や金属屋根の需要が非常に高まっています。しかし、和瓦を採用している方の中には、瓦屋根独特の外観にこだわりを持っている方も多く、ストレート屋根や金属屋根へ葺き替えるのを嫌がる人が少なくないのです。そういった方の中には、瓦を利用した屋根で建物の耐震性や強風対策を求めていることでしょう。
そこでオススメなのが、今回ご紹介したケイミュー社のルーガシリーズです。ルーガシリーズは、従来の陶器平板瓦の半分以下の重量しかないのに、非常に高い耐久性を誇っています。また、しっかりと釘で野地板に固定する施工方法となるので、台風などの強風に対してもとても強い屋根となります
現在、瓦屋根にはこだわりたいけど、建物の自然災害対策を進めたい…と考えている方は、ルーガシリーズの採用を考えてみてはいかがでしょうか?

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
葺き替え工事の費用について。屋根リフォームの費用相場が知りたい方はコチラ

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。