新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 茨木市で行った屋根の葺き替え工事をご紹介!和瓦からコロニアルグラッサで軽量化を実現!

2019.03.19

茨木市で行った屋根の葺き替え工事をご紹介!和瓦からコロニアルグラッサで軽量化を実現!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、大阪府茨木市で行った、屋根葺き替え工事の流れをご紹介したいと思います。今回工事を行った屋根は、和瓦を採用していたのですが、既存屋根材の瓦にはそこまで大きな破損などはありませんでした。しかし、瓦屋根を構成する漆喰などの副材は、ひび割れ、黒ずみなどが目立っていましたので、屋根の軽量化も考えてコロニアルグラッサへの葺き替えを行いました。
日本では、古くから『瓦』が屋根材の主流としてあつかわれてきましたが、これは、毎年必ず襲来する台風への対策として、重量のある屋根材が好まれていたという理由があると言われています。しかし、近年では、全国的に頻発する比較的規模の大きな地震のため、耐震対策を重視した建物づくりをする人が増加しています。そのため、屋根に利用される屋根材は、重量のある瓦ではなく、『軽さが売り』のストレート材や金属屋根材が好まれる傾向にあります。屋根は、重量が重くなってしまうと、建物の重心も高くなってしまい、地震の揺れがあった場合、揺れ幅が大きくなってしまうためです。建物が大きく揺られてしまうということは、屋根材が崩れてしまうことや、最悪の場合、建物の倒壊被害にまでつながるため、「より軽量な屋根」が好まれる傾向にあるのです。
現在、屋根リフォームをお考えの方は、費用面にだけ目を向けるのではなく、こういった災害対策もよく考えておくことがオススメです。

瓦屋根もメンテナンスは必須です!

瓦屋根を利用している人は、瓦の耐久力が非常に高いため、メンテナンスを何もしなくても構わないと勘違いしている人が少なくありません。確かに瓦は、全屋根材の中でも特に耐久力が高く、中には100年以上利用できたという実績もあります。しかし、忘れてはいけないのは、瓦屋根には瓦以外にも様々な副材が利用されているということです。
例えば、瓦屋根には必ず『漆喰』と呼ばれる副材が利用されており、これは瓦と瓦の隙間を埋めるために詰め込まれるものです。当然ですが、屋根に出来る隙間を埋めるのが目的のため、漆喰が劣化し、ひび割れや脱落があった場合、その隙間から雨水が侵入し、雨漏りの原因になってしまいます。そしてこの漆喰は、瓦ほどの耐久力はなく、約10年程度で様々な劣化が表面化してくるものなのです。したがって、「瓦屋根はメンテナンスフリーだ!」と勘違いしている場合、瓦には何の問題が出ていなくても、副材の劣化から雨漏りにつながることがあるのです。
瓦屋根での雨漏りは、屋根材である瓦自体の劣化が原因となることはあまりありませんが、台風や地震などの自然災害によって屋根材にズレが生じる、何らかの副材が劣化するなど、さまざまな原因が考えられますので、定期的なメンテナンスは欠かせません。

大阪府茨木市で行った屋根の葺き替え工事をご紹介!

それでは、大阪府茨木市で行った、屋根の葺き替え工事を画像とともにご紹介します。今回工事を行った屋根は、既存屋根材である『瓦』に大きな破損は見られませんでしたが、屋根を構成する副材の漆喰に関しては、かなり劣化の進行が見られました。通常、こういった屋根では漆喰の塗り替えなどのメンテナンスを進めますが、今回は、耐震対策も考えて屋根の軽量化を同時に進めることになり、コロニアルグラッサへの葺き替え工事を進めました。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況です。上画像を見ていただければわかりますが、瓦自体には大きな割れやズレなどはありません。しかし、漆喰部分は、所々ひび割れや脱落があり、屋根に隙間ができている状態です。さらに、経年劣化で黒ずみも目立ってきており、建物の外観イメージを崩しているため、今回はコロニアルグラッサへの葺き替えを行いました。

STEP2既存屋根材の撤去

まずは、既存屋根に施工されている屋根材を丁寧に撤去していきます。屋根材の下には屋根土が施工されているのですが、これが瓦屋根を重くしてしまう一因でもあるので、丁寧に撤去を進めます。

STEP3不陸調整・コンパネ下地の施工

既存屋根材の撤去が完了したら、次は屋根下地の施工です。屋根下地は、不陸調整を行ったうえで、コンパネ下地(12mm)を施工します。葺き替え工事の場合は、屋根下地から手を入れていくことが出来ますので、屋根部分を新築のように補修することができ、結果的に建物を長持ちさせることが可能です。

STEP4ルーフィング(防水シート)設置

下地の施工が完了したら、その上にルーフィング(防水シート)を施工します。ルーフィングは屋根の二次防水の為、非常に重要な工程ですので細心の注意が必要です。

STEP5コロニアルグラッサを施工

ルーフィングの施工が完了すると、いよいよ新屋根材のコロニアルグラッサの施工です。画像からも分かるように、コロニアルグラッサは、非常に薄い屋根材となるので、軽量で耐震対策を考えた屋根を実現できます。

STEP6施工完了

最後に棟板金を施工して、施工完了です。今回は、既存屋根材に近いカラーリングのコロニアルグラッサを利用しました。非常にすっきりした外観となり、お客様にも大変満足していただきました。屋根重量も、今回の葺き替え工事で半分以下になり、耐震対策もばっちりです!

屋根のメンテナンスは、屋根材の見直しに良いタイミングです!

今回は、大阪府茨木市で行った屋根の葺き替え工事の流れを画像とともにご紹介しました。今回工事を行った屋根は、古くから日本の伝統である瓦を利用しており、屋根材である瓦自体には大きな破損などは見られませんでした。しかし、瓦屋根に利用されている漆喰は、瓦ほどの耐久力が無いため、ひび割れや脱落、黒ずみなどの経年劣化が見られる状態で、これを放置すれば遠からず雨漏りが発生していた危険性があります。そこで今回は、瓦よりも圧倒的に軽量なコロニアルグラッサを利用して葺き替え工事を行いました。
本来、漆喰の塗り替えでも対応できる状態でしたが、お客様が耐震対策を考えて屋根の軽量化もご希望でしたので、『瓦屋根⇒ストレート屋根』への葺き替え工事となりました。当然ですが、瓦屋根からストレート屋根への葺き替えですので、建物の外観イメージは大きく変わってしまいます。瓦屋根を採用している人の中には、瓦特有の重厚感のある外観に拘りを持っている人が少なくありません。そのため、屋根の軽量化はしたいけれど、ストレートや金属屋根はちょっと…と躊躇してしまうそうです。そういった方には、瓦屋根の外観を保ったまま、屋根重量を半分以下にすることができるハイブリット瓦の『ROOGA(ルーガ)』がオススメです!
現在、瓦屋根を利用している建物の方は、メンテナンスのタイミングで屋根の軽量化も考えてみることをオススメします!

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。