新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 地震や台風に耐えられる屋根とは?自然災害対策を考えた場合、屋根材はルーガがオススメ!

2020.09.10

地震や台風に耐えられる屋根とは?自然災害対策を考えた場合、屋根材はルーガがオススメ!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
災害大国などとも呼ばれる日本では、できるだけ地震や台風に耐えられる住宅が求められています。例えば、住宅屋根に関して、古くから日本国内で愛されてきた『和瓦(粘土瓦)』が、近年販売されている他の屋根材と比較して非常に重量があるということが嫌われ、新築・屋根リフォーム両業界で敬遠される傾向にあるのです。これは、土を焼き固めて成形されるという素材的特徴で、瓦は他の屋根材よりも圧倒的に重くなってしまう…ということから、瓦屋根を採用すれば住宅屋根が重くなってしまうからです。屋根重量が重くなると、建物の重心が高くなってしまうことになり、地震の揺れがあった際にはより揺れ幅が大きくなるため、建物の倒壊リスクが高くなってしまうのです。したがって、軽量なスレート屋根や金属屋根が年々そのシェアを伸ばしていると言われているのです。

それでは、瓦屋根の外観イメージが好みだ…という方に関しても、災害対策を考えれば軽量なスレートや金属屋根を選ぶべきなのでしょうか?例えば、重量のある和瓦と比較すれば、より軽量なスレートや金属屋根の方が建物の耐震性が向上されるのは間違いと思います。しかし、長年瓦屋根の住宅に住んでいる方の中には、スレート屋根や金属屋根の外観イメージがどうしても気に入らない…という方も少なくありません。
そこで、こういった方にお勧めできる屋根材がケイミュー社が販売しているハイブリット瓦『ROOGA(ルーガ)』シリーズなのです。このサイト内でも何度かご紹介している屋根材ですが、ルーガは、伝統的な瓦屋根の外観を保ったまま、スレート屋根並みの軽量さを実現することができる非常に優れた屋根材です。さらに、強風にも非常に強い屋根材となりますので、自然災害が多い日本国内の住宅を考えた場合、これほど適した屋根材は無いのではないか?と考えられるような製品になっているのです。
そこで今回は、「災害に強い瓦屋根にしたい!」と考えている方のため、自然災害に強いと言われるルーガの性能についてご紹介します。

瓦屋根の見た目を保ったまま屋根の軽量化が実現するルーガ

それではまず、ハイブリット瓦などと呼ばれ、台風や地震などの自然災害に非常に強い屋根を実現できると注目されているルーガシリーズの基礎知識を簡単にご紹介しましょう。近年、日本の伝統的屋根材である『瓦』が敬遠されるようになっているのは、冒頭でご紹介したように、素材的特徴で「屋根が重くなってしまう…」というのが理由です。

近年の屋根作りでは、「できるだけ軽量な屋根」が求められるようになっており、新築業界では施工性の高さからスレート屋根が、屋根リフォーム業界ではガルバリウム鋼板製の金属屋根のシェアがどんどん伸びているのです。これは、同じ構造の建物を造る場合にはより軽量な屋根材を採用したほうが、建物の重心が低くなり耐震性能が向上すると言われているからです。また、瓦屋根を採用する場合には、建物がその重みに耐えられるような構造を作る必要があるため、新築時などには建設コスト自体が割高になってしまうのも大きな理由と考えられます。

しかし、このような状況の中でも「屋根はやっぱり瓦屋根でないとダメ!」というこだわりを持つ方も少なく無いのです。そこで、こういったこだわりを持つ方のために開発されたのがケイミュー社のルーガシリーズです。この屋根材は、『伝統的な瓦屋根の見た目をそのまま』に屋根の軽量化や耐風性向上が目指せる非常に優れた屋根材となっているのです。以下に、ルーガが持つ稀有な特徴を簡単にご紹介しておきましょう。

  • 瓦屋根なのに軽量
    ルーガ最大の特徴は、瓦なのに軽量だということです。ルーガの重量は、一般的な陶器平板瓦の1/2以下を実現しており、軽量で耐震性の高い住宅を造ることが可能です。
  • 風雨にも強い
    下で詳しくご紹介しますが、ルーガは独自の施工方法により非常に高い防水性と耐風性を実現しています。地震だけでなく、台風にも強い屋根を実現できるというメリットがあるのです。
  • 美観保持能力も高い
    スレート屋根などであれば、定期的な再塗装をしなければ屋根の美観を保てません。しかしルーガは、独自の技術であるグラッサコートを採用しており、紫外線に非常に強く、長年にわたって色あせもせず鮮やかな光沢・発色を保つことが可能です。そのため、中長期的に見ればメンテナンスコストが安く、非常にコストパフォーマンスが良いのです。

日本の気象条件を考えて開発されたルーガ

日本には四季というものがありますので、住宅はさまざまな気候条件に耐えられるよう造らなければいけません。例えば、梅雨や台風など毎年必ずやってくる気象的な悪条件や、夏の厳しい日差しなど、日本特有の風土や環境を考えた住宅づくりがとても大切なのです。
ルーガは、こういった日本の気象条件に可能な限り耐えられるようにと考えて開発されており、万一の災害時でも安心してご家族を守ることができるメリットがたくさん存在するのです。以下に、ルーガ特有の性能をいくつかご紹介しておきます。

POINT地震に有利なルーガシリーズ

ルーガシリーズ最大のメリットと言われるのは、重厚感のある日本建築の外観イメージを保ったまま、大幅な屋根軽量化が実現できるという点です。これは、ルーガが一般的な陶器平板瓦と同等の厚みを持っているのにもかかわらず、その重量が1/2以下にまで軽量化されていることが大きいです。さらにルーガは、厚型の屋根材では一般的な『湿式工法』による施工ではなく、より軽量さを追求して独自の『乾式工法』を採用しています。つまり、屋根材自体の軽量化だけでなく、その施工方法でも軽量化を図っていますので、大幅な屋根軽量化が実現するのです。メーカーが公表した情報によると、屋根面積30坪の住宅であれば、一般的な陶器平板瓦を採用した屋根に比べ、約2940kgの軽量化がはかれます。
屋根が軽くなると、建物の重心が低くなるため、地震の際に建物にかかる力を軽減することができ、耐震性向上を図ることになるのです。

POINT風(強風や台風)、大雨にも強い屋根を実現

ゲリラ豪雨や集中豪雨、台風の大型化が問題視される日本では、風雨に対してもより強い屋根が求められるようになっています。実はルーガは、屋根の軽量化によって地震に強くなるだけでなく、台風や豪雨など、風雨にも非常に強い屋根を実現できるのです。

例えば、ルーガの構造は、ジョイント部分と防水堤、水を逃がしやすい水切り形状など、屋根材自体にさまざまな防水対策がとられており、大雨にも非常に強い構造になっています。さらに、風の抵抗を受けにくい形状に成形するだけでなく、一枚一枚の屋根材を釘でしっかり固定するという施工方法を採用しているため、台風の強風などで屋根材がズレてしまう…飛散してしまう…といった事を防ぐことができるのです。実際に、メーカーによる耐風試験では、風速60m/sの強風でも飛散しなかったという結果を出しています。
台風などによる強風は、さまざまなものが飛ばされますので、飛来物が衝突して屋根材が破損してしまう…なんてことも多いです。しかしルーガは、非常に粘り強い素材となっており、衝撃を吸収する屋根材になっているため、飛来物によって割れてしまうなんてことも防いでくれます。弊社でもルーガの衝撃試験を行ってみましたが、大人の男性がハンマーで叩いたとしても大きく割れることはなかったという試験結果が出ています。

このように、ケイミュー社が販売するルーガは、地震に強いだけでなく、豪雨や台風の強風にも非常に強い、日本の気象条件に最適な屋根材となっているのです。

> ゼファンで行ったルーガ耐衝撃試験の動画はコチラ

ルーガへの葺き替えはゼファンにお任せ!

今回は、瓦屋根の見た目を維持したまま、屋根の軽量化がしたいと考えている方のため、日本の気象条件に最適な屋根材と言われているルーガシリーズの基礎知識についてご紹介してきました。日本に住む限りは、地震や台風などの自然災害のことも考えた住宅を造る必要があります。そのため、古くから愛されてきた瓦屋根に関しては、その重量や風を含みやすいという構造が弱点とみなされ、スレートや金属屋根にどんどんシェアが奪われて行っているのです。

実際に、現在瓦屋根に住んでいる方の中には、今後の地震や台風に備えるため、軽量な屋根材に葺き替えリフォームをした方が良いのかな…と迷っている方も多いかもしれませんね。実は、そのような方にお勧めできるのが今回ご紹介した『ルーガシリーズ』なのです。ルーガには、和瓦の見た目に非常に近い『ルーガ雅』とよりスタイリッシュな瓦屋根を作ってくれる『ルーガ鉄平』の2種類が用意されています。もちろんどちらのタイプも、この記事でご紹介した災害への強さを持っていますので、これから屋根の軽量化も考えた屋根リフォームをお考えであれば、屋根材の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

なお、ルーガシリーズについては、専用の施工方法を採用しなければならないため、メーカーに認められたルーガショップでなければ施工することができません。逆に言えば、ルーガショップであれば、屋根材のトップメーカーに認められた技術を持っている証拠ですので、安心して施工を任すことができると思います。
ゼファンは、ケイミュー社が毎年行っているコンテストで3年連続近畿地方総合1位を受賞しています。関西地域でルーガの施工をお考えであれば、安心してゼファンにお任せください!

> 弊社の受賞実績はコチラ

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
葺き替え工事の費用について。屋根リフォームの費用相場が知りたい方はコチラ

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!ドローンを用いた計測・お見積もり、点検も行っております。

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00 
日曜、祝日も電話対応可能!

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。

屋根のことなら、今すぐお問合せ下さい!
「他社より必ず安くできる理由」をお伝えします!

メールは24時間以内に返信!

0120-03-8814

LINE対応OK!