新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 豊中市で行った屋根の葺き替え工事。和瓦からルーガ鉄平で屋根の軽量化も実現!

2019.08.22

豊中市で行った屋根の葺き替え工事。和瓦からルーガ鉄平で屋根の軽量化も実現!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、大阪府豊中市で行った屋根の葺き替え工事を画像と共にご紹介したいと思います。今回行った工事は、日本国内で古くから利用されている和瓦を、ケイミュー社が販売する『ルーガ(ROOGA)鉄平』に葺き替えた工事です。ケイミュー社のルーガは、非常に耐久力が高いことや瓦なのに軽量だということが特徴の屋根材です。さらに、役物などのオプションも用意されており、日本建築特有の瓦屋根の外観を保ったまま、屋根の軽量化を進めることが出来る稀有な屋根材としてオススメです。
近年では、日本全国で頻発する地震により、耐震性を考えて『より軽量な屋根』を目指す方が多い傾向にあります。そのため、とにかく軽いことが特徴のガルバリウム鋼板製の金属屋根材や、コロニアルなどと呼ばれるストレート屋根が非常に高い人気を誇ります。これは、屋根重量が重くなってしまうと、建物の重心が高くなり、地震の際に建物が大きく揺れてしまう心配があるからです。つまり、全屋根材の中でも特に重量のある和瓦は、耐震性に弱点があるという理由で敬遠される傾向にあるのです。しかし、古くから日本国内で伝統的に利用されている屋根材ですので、どうしても瓦屋根の外観にこだわりたい…という方も少なくありません。屋根材に瓦を利用した場合、独特な重厚感のある美しい日本建築が実現するため、洋風建築に見えてしまう金属屋根やストレート屋根はちょっと…という方もいらっしゃいます。
実は、こういった方に非常にオススメ出来るのが今回ご紹介するハイブリット瓦『ルーガ(ROOGA)』です。ルーガは、屋根のトップメーカーケイミュー社が販売している屋根材で、瓦なのに非常に軽量で耐久力も高いということが特徴です。ルーガであれば、和瓦のような重厚感のある外観を保ったまま、耐震性能を考えて屋根の軽量化を同時に実現することが可能です。したがって、「屋根の軽量化はしたいけれど、瓦でないと…」とお考えの方は、ぜひルーガの採用をご検討してみてはいかがでしょうか!

軽量で非常に耐久力が高いハイブリット瓦『ルーガ』

まずはケイミュー社が販売するルーガについておさらいしておきましょう。本サイトでもよくご紹介する屋根材ですので、弊社のコラムなどを見ていただいている方は、ルーガのメリットはよくご存じでしょう。
ルーガは、和瓦のように日本建築に合う重厚感のある外観を実現してくれる屋根材なのですが、決定的に和瓦と違う部分が『非常に軽量だ』という事です。どれほどの重さなのかというと、一般的な陶器平板瓦と比較して、約1/2以下の重量しかありません。さらに、ルーガは瓦とは異なり、軽量な乾式工法によって施工が進められるため、一般的な瓦屋根で使用される湿式工法で施工した屋根と比較すると、屋根面積30坪程度で約3000kgの軽量化が実現できるのです。
また、ルーガは非常に耐久力が高く、割れにくいという特徴も持っています。上の動画でご紹介しているように、大人の男性がハンマーで叩いたとしても割れないほどの耐久力があるのです。もちろん、その他にも、高い断熱性や火災などに強い防災性を持っているなど、一般住宅の屋根材として、弱点などないのではないかと思えるほどのオススメ屋根材です。現在、屋根の軽量化を考えているけど、瓦屋根の外観に拘りがあるという方は、ぜひルーガを採用してみてはいかがでしょうか!

関連記事:自然災害に強いと言われるルーガとは?

大阪府豊中市で行った屋根葺き替え工事をご紹介!

それでは、大阪府豊中市で行った屋根の葺き替え工事を画像と共にご紹介していきます。今回の工事は、重量のある和瓦を、軽量で耐久力の高いルーガに葺き替えを行った工事です。この工事で、屋根重量も大幅に軽量化され、建物の耐震効果もかなり高まったといえます。

STEP.1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。瓦は非常に耐久力が高い屋根材ですので、既存屋根材には特に目立った破損などはありませんでした。瓦屋根は、漆喰などの定期的なメンテナンスをしっかり行えば非常に長く活躍してくれる屋根材なのですが、『重い』ということが近年、致命的なデメリットだと考えられています。屋根が重くなってしまうと、万一の地震時に大きく建物が揺れてしまい、屋根材の落下や倒壊のリスクが高くなってしまうのです。そこで今回は、ルーガへの葺き替えを行い、屋根の軽量化を目指しました。

STEP.2既存屋根材の撤去・不陸調整

まずは、既存屋根に施工されていた屋根材を全て撤去していきます。屋根材の下には屋根土が施工されていますので、これらも丁寧に撤去します。既存屋根材の撤去が完了したら、下地の不陸調整を進めます。葺き替え工事であれば、屋根の骨格から補修できますので建物の寿命を延ばすことにも繋がります。

STEP.3コンパネ下地の施工

不陸調整後には、コンパネ(12mm)下地を施工していきます。屋根下地からしっかりと補修をすることが出来ますので、屋根の耐久力も大幅に上げることが可能なのです。

STEP.4ルーフィングの施工

コンパネ下地の上に二次防水の為、ルーフィング(防水シート)を施工します。ルーフィングは、万一屋根材の下に雨水が侵入してきたとしても、建物内部まで水が浸入することを防ぐことが出来るのです。

STEP.5施工完了

最後に、新屋根材であるルーガ鉄平を施工して、今回の葺き替え工事は完了です。今回は、ストーブラウンカラーのルーガを採用したため、非常に落ち着いた良い雰囲気の屋根になったとお客様にも喜んで頂けました。今回新屋根材として採用したルーガは、非常に高い耐久力を持っているうえに、軽量だという特徴があるため、地震や台風などさまざまな自然災害から家を守ってくれます。現在、瓦屋根の軽量化をお考えであれば、ケイミュー社のルーガも新屋根材の候補に入れてみることがオススメです。

瓦屋根の軽量化はルーガがオススメ!

今回は、大阪府豊中市で行った屋根の葺き替え工事を画像と共にご紹介してきました。今回の工事は、重量のある和瓦の屋根を、軽量で耐久性が高いことが特徴のルーガに葺き替えを行ったものです。今回の工事で、屋根重量も大幅に軽量化でき、建物の耐震対策としても非常に効果的な屋根リフォームになったことでしょう。
古くから日本国内で使用されてきた伝統的な屋根材である『和瓦』は、瓦屋根にしか実現できない独特な外観を実現してくれます。そのため、現在和瓦を採用した建物に住んでいる方であれば、屋根の軽量化はしたいけれど、瓦屋根じゃなくなるのは嫌だな…などと、屋根リフォームを躊躇している方も多いのではないでしょうか。しかし、近年頻発する地震や、続々と上陸する台風などの自然災害を考えた場合、より災害に強い屋根材の導入は必要不可欠な時代になっています。特に、和瓦を採用した屋根は、屋根材のズレなどが一般人には判断しにくいため、自然災害時に大きな被害が発生してしまうことが非常に多いです。したがって、建物をより頑丈にして、大切なご家族を守っていくには、屋根の軽量化やより耐久力の高い屋根材の導入を検討するのがオススメです。
現在、自然災害に備えて屋根リフォームをお考えの方で、「どういった屋根材にすれば良いのか迷ってしまう…」などといった方がいれば、お気軽にゼファンまでお問い合わせください。ゼファンでは、お打ち合わせの段階からプロの屋根職人がお伺いいたしますので、お客様のご要望やご予算に最適な屋根材の選定から行っています!

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧
葺き替え工事の費用について。屋根リフォームの費用相場が知りたい方はコチラ

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。