新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 台風などの自然災害に強い屋根を実現したいなら、ハイブリット瓦『ルーガ』がオススメ!

2019.02.27

台風などの自然災害に強い屋根を実現したいなら、ハイブリット瓦『ルーガ』がオススメ!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、台風や地震などの自然災害に強いと言われている、ケイミュー社が販売するハイブリット瓦『ROOGA(ルーガ)』についてご紹介したいと思います。日本は、諸外国と比較しても、地震や台風などの自然災害が多い国として有名ですね。台風は夏の終わりから秋にかけて必ずといって良いほど各地に屋根被害をもたらしますし、ここ数年は比較的規模の大きな地震も全国各地で発生しているように思えます。
こういった自然災害は、当然のことですが、建物にさまざまな被害をもたらすものであり、屋根材が強風で吹き飛ばされてしまう…地震の揺れで瓦がズレてしまう…などといった被害が自然災害後にあちこちで見られるようになります。実際に、ゼファンのある大阪では、昨年6月に大きな地震が発生し、9月には巨大台風が直撃するなど、広範囲にわたって屋根被害が出たのは記憶に新しいのではないでしょうか?
それでは、こういった自然災害に対抗するためには、どのような点に注意して建物づくりを進めれば良いのでしょうか?最近では、日本国内で古くから利用されている『瓦』が、災害時にはデメリットが多いと言われるようになっていますし、自然災害に強い屋根材は誰もが知りたいことだと思います。
そこで本稿では、ルーガが台風や地震などの自然災害に強いと言われる理由をご紹介します。

自然災害でよくある建物の被害について

それではまず、台風や地震などの自然災害でよく出る建物の被害について簡単にご紹介していきたいと思います。近年では、地球温暖化の影響なのか、もともと台風被害が少ないと言われていたような地域でも、勢力を保ったまま台風が上陸するなど、一昔前であれば考えられなかったような被害が出ることも珍しくありません。したがって、どの地域に住んでいる方でも「自分が住んでいる地域は、台風が少ないから関係ない」や「このあたりは地震がないから大丈夫」などと考えず、自然災害に対する準備は進めておくべきだと思います。

CASE1台風によって出る被害について

それではまず、台風によって出る建物の被害から考えてみましょう。台風は、猛烈な風と大雨が同時にやってくる非常に厄介なものです。もともと日本は、台風が多い国ですので、それなりの対応策は考えている人も多いかもしれませんね。しかし、最近では台風がたどるコースも変わってきており、昔は台風被害が少なかった地域などは特に注意が必要です。

  • 台風の強風によって屋根材が飛ばされる。
  • 屋根に施工されている板金が飛ばされる。
  • 雨樋が破損する、傾斜がズレて排水に不具合が出る。
  • 強風による飛来物がぶつかり、屋根や外壁が破損する。
  • 横殴りの雨によって、外壁の劣化部分から雨漏りが発生する。

CASE2地震によって出る被害について

次は、地震によって考えられる建物の被害です。近年は、全国各地で比較的規模の大きな地震が頻発しています。地震は、台風のように「いつ来るのか?」ということが予想できませんし、常日頃から耐震対策を進めておくことがとても重要になります。

  • 地震の揺れによって屋根材がズレる・割れる。
  • 地震の揺れによって瓦屋根の棟が崩れる。
  • 屋根材が落下する。
  • 外壁にヒビが入る。

ルーガが自然災害に強い理由

それでは、ケイミュー社が販売するルーガが、自然災害に強いと言われる理由についてご紹介していきましょう。

Merit1軽量で地震に強い

ルーガは、ハイブリット瓦と呼ばれるように、日本建築独特の外観を作ってくれる瓦屋根に使用する屋根材です。近年、モダンな洋風建築が増加している中でも、独特な雰囲気を持つ瓦屋根に強いこだわりを持つ人は少なくありません。しかし、瓦は素材的特徴で『重い』というデメリットを持っているため、地震時には大きく建物が揺れてしまう原因となるのです。これは、屋根の重量が重くなるほど、重心が高くなってしまうためで、耐震性を考えた場合、軽量な屋根材が好まれるのです。
その点、このルーガは、一般的な陶器平板瓦と比較すると約1/2の重量しかないため、日本建築の外観を保ったまま、大幅な屋根の軽量化が実現できます。瓦屋根の外観にこだわりがある方にはとてもオススメです。

Merit2強風にも強い

瓦屋根は、風を含みやすい構造をしているため、強風によって屋根材がズレる、飛ばされるという被害が少なくありません。しかし、ルーガは、屋根材一枚一枚を釘で固定する施工方法となっているため、台風の強風をうけてもズレにくく、飛ばされにくい屋根を実現します。ケイミュー社が行った耐風試験では、風速60m/sでも屋根材の飛散がなかったという結果が出ています。

Merit3瓦なのに割れにくい

台風の際には、強風に乗ってさまざまな飛来物が屋根にぶつかってくることがあり、それが原因で瓦が割れてしまうという被害が出ます。しかしルーガは、素材が非常に粘り強く、衝撃を吸収してくれるため、衝撃に対する耐久性もとても高いというメリットがあります。実際に、ゼファンで行った耐衝撃試験では、大人の男性がハンマーでルーガを叩いても割れることないという、非常に強い屋根材となっています。

災害に強い瓦をお探しならルーガがオススメ!

今回は、台風や地震などの自然災害に強いと言われる『ROOGA(ルーガ)』についてご紹介してきました。本稿でご紹介したように、ルーガは、瓦屋根の外観を保ったまま、軽量で地震に強く、台風の強風にも強い非常に心強い屋根材といえるものです。
近年では、耐震対策を考えた建物づくりが多くなっているため、ストレート屋根や金属屋根の需要が非常に高まっています。特に、金属屋根は屋根材の中でも特に軽量な屋根を実現できるため、屋根リフォーム業界では、年々シェアが伸びている屋根材となります。しかし、昔から瓦屋根の建物に住んでいる方の中には、瓦屋根だからできる日本建築独特の外観にこだわりを持っているという方も少なくありません。そういった方は、軽量な屋根のメリットは理解できるものの、金属やストレート材は使いたくない…と屋根リフォームに二の足を踏んでいるのではないでしょうか?そこで、瓦屋根の外観を保ちながら、耐震対策や台風対策を進める場合には、今回ご紹介したルーガがとてもオススメです。ルーガは、瓦屋根独特の外観は保持したまま、軽量で台風対策も考えた屋根を実現できるため、建物に住んでいる大切なご家族の安全を守ることにもつながります。
現在、地震や台風に対抗するために屋根リフォームをお考えであれば、お気軽にゼファンまでご連絡下さい。ゼファンでは、お客様の要望やご予算に最適な屋根材の選定から行っています。

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。