新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 自然災害で被害を受けた屋根の葺き替え工事。スマートメタルに葺き替えで屋根も大幅に軽量化成功!

2019.06.30

自然災害で被害を受けた屋根の葺き替え工事。スマートメタルに葺き替えで屋根も大幅に軽量化成功!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、大阪府豊中市で行った屋根の葺き替え工事を画像とともにご紹介します。今回お問い合わせをいただいた建物は、自然災害により大きく屋根に被害が出てしまったため、新しい屋根材に葺き替えを行ったものです。日本は、地震や台風などといった自然災害が、諸外国と比較すると頻繁に発生する地域となります。もちろん、屋根の状態が万全である場合には、地震や台風が発生したとしても、耐えられるような構造が考えられています。しかし、経年劣化などにより、何らかの不具合が屋根に発生していたとすれば、地震や台風に耐えられず、屋根に大きな被害が出てしまうことがあるのです。
したがって、建物の中に住む人の安全を考えた場合には、普段から屋根の点検・メンテナンスを欠かさずに行い、万全な状態で自然災害に備えるということが重要です。さらに、最近では、全国で頻発する比較的大規模な地震に対応するため、屋根の軽量化リフォームが注目されています。日本国内で古くから利用されてきた和瓦は、施工方法や屋根材の素材が原因となり、非常に重量のある屋根になってしまいます。屋根の重量が重くなってしまうと、建物の重心が高くなってしまい、地震によって大きく横に揺れて、倒壊してしまうリスクが高くなってしまうのです。
現在、重量のある屋根材を利用している方で、建物の耐震性を高めたいと考えている方は、できるだけ建物への負担を減らすためにも、屋根の軽量化リフォームを進めるのがオススメです。

地震対策を考えた場合、金属屋根がオススメ!

冒頭でご紹介したように、建物の耐震性能を考えた場合、より軽量な屋根材を選択することがオススメです。したがって、近年の屋根リフォームでは、ガルバリウム鋼板を素材とした金属屋根のシェアがどんどん伸びています。古くから利用されていた金属屋根は亜鉛メッキ鋼板を素材としたトタン屋根でしたが、トタン屋根はサビに弱く、数年の利用でさまざまな問題が表面化してしまうのが弱点でした。ガルバリウム鋼板は、こういった弱点を改善し、金属なのにサビにくく、軽量な屋根を実現してくれる非常に有効な屋根材です。
以下で、金属屋根のメリットをいくつかご紹介しておきます。

  • 軽量で地震に強い
    金属屋根材最大のメリットは、非常に軽量で耐震性の高い建物を実現できることでしょう。「金属だから重いのでは?」とお考えの方もいるかもしれませんが、ガルバリウム鋼板は非常に薄い板(薄さ1~3mm程度)のため、他の屋根材と比較しても圧倒的に軽い屋根材となります。
    屋根は、重量が軽くなるほど、建物の重心が低くなりますので、地震の揺れに対して強くなります。
  • 金属なのにサビない
    ガルバリウム鋼板屋根は、金属でできているにも関わらず、非常にサビに強いという特長を持っています。建材におけるサビは、建物の美観を大きく損なう原因となりますので、看過できないものです。さらに、サビが進行してしまうと、穴が開いて雨漏り原因になってしまうなどの問題もあるため、サビが発生しにくいという特長は、大きなメリットとなります。ただし、「絶対に錆びない!」という訳ではないので注意が必要です。
  • 長期耐久性が高い
    ガルバリウム鋼板製の金属屋根材は、亜鉛メッキの犠牲防食機能とアルミメッキの長期耐久性を併せ持っています。そのため、酸性雨や塩害に対しても従来のトタンなどとは比較にならないほどの耐久性を持っています。

近年のガルバリウム鋼板を素材とした金属屋根は、上述のように非常に多くのメリットがあります。特に、地震対策を考えた場合には、最もオススメの屋根材といえるでしょう。ただし、非常に薄い、軽量という特徴があるため、劣化が進んだ状態で台風が直撃してしまうと、屋根材が簡単に飛ばされてしまう危険性もあります。したがって、台風が増加する季節の前に、きちんと屋根の状態を点検する必要があると覚えておきましょう。

大阪府豊中市で行った葺き替え工事をご紹介!

それでは、大阪府豊中市で行った屋根葺き替え工事の流れを、画像とともにご紹介したいと思います。今回の工事は、自然災害によって大きな被害を受けた屋根の葺き替え工事で、今後の地震対策なども考えて軽量なスマートメタルを採用しました。

STEP1施工前

まずは施工前の屋根の状況を見てみましょう。今回の屋根は、自然災害によって大きな被害を受けていました。そこで、既存屋根材は一度全て撤去し、新たに軽量な金属屋根を施工しました。

STEP2既存屋根撤去

まずは既存屋根に施工されている屋根材を全て撤去していきます。災害時には、応急処置としてブルーシートなどで屋根を覆いますが、応急処置後はできるだけ早く本格的な屋根修理に入るのがオススメです。

STEP3屋根下地の補修

既存屋根材の撤去が完了したら、屋根下地の補修を行います。葺き替え工事は、屋根下地から補修できる唯一の工法ですので、屋根を新品のように生まれ変わらせることができ、建物の寿命を延ばすことにもつながります。

STEP4防水シートを貼った後、コロニアルグラッサを施工

屋根下地ができ上がったら、その上に防水シートを貼っていきます。防水シートは、屋根の二次防水を担っている非常に重要な部材です。その上に、新屋根材であるスマートメタルを施工します。

STEP5施工完了

上の画像は、施工完了後の屋根です。自然災害でボロボロになった屋根が、生まれ変わったようにキレイになりました。今回、軽量なスマートメタルを採用したことにより、耐震性の高い屋根を実現することができました。

台風の屋根被害は火災保険で修理できることも!

今回は、大阪府豊中市で行った、屋根の葺き替え工事をご紹介しました。上述したように、日本は、台風や地震などの自然災害が非常に多いため、長く建物を維持していこうと考えた場合、「災害に強い建物を作る!」という視点を持っていなければいけません
特に、日本国内でよく利用されている瓦屋根は、重量があることや、風を含みやすい構造になることから地震や台風が発生した際に、大きな被害が出てしまう可能性が高いと言われています。もちろん、瓦屋根を採用した建物でも、普段からのメンテナンスを欠かさずに行っていれば、自然災害によって確実に被害が出るという訳ではありません。しかし、屋根を軽量化するだけで、より耐震性能を高めることができると考えた場合、屋根リフォームの際には、軽量な屋根材の導入も一考の余地があると思いますよ。
なお、毎年やってくる台風に関しては、火災保険の『風災補償』に入っておくのがオススメです。火災保険は、火事が起きた時の保険と考えている人が多いですが、実際には、強風による被害を補償してくれる特約があるため、台風が原因となる屋根修理を無料で進めることができる場合もあるのです。

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。