新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 一般住宅の屋根にもアスベスト!?解体する時の注意点とは?

2018.07.19

一般住宅の屋根にもアスベスト!?解体する時の注意点とは?

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、建物に使用されているアスベストに関してご紹介していきたいと思います。アスベストは、2005年ごろよりニュースなどでも大きく取り上げられ、発癌性物質として名前ぐらいは聞いたことがありますよね。このアスベストは、学校や公営住宅などに広く使用されている事が非常に問題になった物ですが、一般住宅に目を向けてみても壁や天井に多く利用されていたこともあり、こちらも大きな注目を集めました。
しかし、実は壁や天井のみではなく、屋根に使用されている屋根材にもアスベストが含まれているものがあると言うのはご存知でしょうか?皆様も、飛び込み営業などで「アスベストが含まれている屋根材が使用されているからすぐに葺き替えの必要があります!」等と営業をかけられたことがあるかもしれませんね。
そこで今回は、代表的なアスベストが使用されている屋根材の紹介や、実際に危険性があるのかについてご紹介していきたいと思います。

アスベストが含まれている屋根材ってどんなの?

まず安心して頂きたいのは、現在製造販売されている屋根材にはアスベストは一切使用されていません。その為、最近新築したお宅や葺き替え工事を行った屋根に関しては全く心配する必要はないでしょう。
そもそもアスベストが使われ始めたのは大正時代と大昔のお話なのですが、屋根材として盛んに利用されるようになったのは約50年ほど昔の1960年代の事です。当時なぜアスベストが多く利用されたのかと言うと、アスベストは耐久性が高く、耐火性・防音性・断熱性にも優れる上に軽量で安価と言う、まさに屋根材の為の素材と言えるようなものだったからです。
その後、アスベストの健康被害が叫ばれるようになり、1999年に屋根メーカーがアスベスト含有の屋根材の販売を停止し、2004年にはほぼ全てが禁止となったのです。
以下で代表的なアスベスト含有の屋根材をあげてみましょう。

ITEM 1クボタ アーバニー

大きくスリット(切れ込み)が入っている等、ランダムな見た目が特徴のストレート系屋根材です。隅棟周りの役物があるという事で人気もあった屋根材で、1982年~1994年まで販売されていました。この屋根材は、アスベストの規制段階ごとに含有比率を減らして行った屋根材ですので、30年近く使用していると言う屋根では10%程度のアスベストが含まれています。

ITEM 2クボタ コロニアル

クボタのコロニアルは1961年~1986年まで販売されていた非常に息の長いロングラン商品です。見た目的には、現在ストレート屋根として非常に人気の高い『コロニアルグラッサ』に良く似ています。ただし、この屋根材は、10~26%と上述のアーバニーに比較しても多くのアスベストが含まれていました。

ITEM 3セキスイ かわらU

この屋根材は『波型ストレート』等とも呼ばれた、波打った形に作られたストレート系屋根材です。販売は1975年~1990年まで行われていました。このかわらUは10~15%程度のアスベストが含まれており、規制によって段階的にアスベストの割合が減っていきました。1990年には、ノンアスベストの『かわらU』が販売されましたが、販売終了後も在庫を持っている業者がアスベスト含有の『かわらU』を施工している実績もあります。

アスベスト含有の屋根材は意外と多くて驚いたかもしれませんね。しかし、健康被害が指摘されるまでは非常に有用な材料でしたので、これは仕方ない事でしょう。上述していますが、近年、製造販売されている屋根材にはアスベストは一切含まれていません。ただし、15年以上前にストレート屋根を施工して、そのままといったお宅であれば、アスベストが含まれる屋根材の可能性もあるでしょう。
どうしてもアスベストが含まれているか心配と言う方は、お気軽にゼファンまでご連絡ください。

アスベスト含有の屋根材だとどんな危険があるの?

ほとんどの方は『アスベスト=危険』と言うイメージをもっていますよね。確かにアスベストは健康被害を引き起こす非常に危険な物質ではあるのですが、実は『アスベスト含有の屋根材が葺かれているだけでは危険はない!』のです。
一時期、TVなどでも盛んに特集されていたアスベスト問題ですが、あの問題は建物の内装部分に『吹付けられたアスベスト』なのであって、アスベストが含有されている屋根材が葺かれているだけではアスベストが飛散することはなく、全く健康被害には関係ないのです。なぜかと言うと、屋根材に含有されているアスベストは、屋根材の基材となるセメントによってガッチリと密度の高い状態で固められているからです。実際に建設業労働災害防止協会が発表している『アスベストの分類』を見ても、飛散のしやすさは最もレベルの低いレベル3に位置付けられています。

POINTアスベスト含有屋根材の危険は撤去の時

屋根材としてアスベスト含有の物が使用されていても危険はない事が分かり安心ですね。ただし、注意が必要なのは、アスベスト含有の屋根材を葺き替え工事などで撤去しようと思った時には、屋根材が割れたりするためアスベストの飛散はあるでしょう。もちろんこの場合も危険なのは実際に作業を行う職人さんなのですが、撤去の際には防塵マスクを付けるなど法律に則った形で作業を進めます。
しかし、アスベスト含有の屋根材を利用していた住人にとって最も痛いのが、この撤去です。なぜかと言うと、アスベスト含有屋根材は、非含有屋根材と比較するとその撤去費用が2~5倍も高額になる場合が多く、工事自体の施工費用が大幅に上がってしまう事が考えられるのです。もちろん、近隣の方へ迷惑をかけるわけにも行きませんので、飛散防止の対策も必要になります。

屋根に葺かれているだけなら問題ない

今回は、健康被害をもたらすアスベストが含まれる屋根材に関して、その危険性をいろいろとご紹介してきました。
本稿でもご紹介している通り、TVなどでも特集されていたアスベストの健康被害に関しては、『吹付けられた』アスベストが飛散してしまう事によるもので、屋根材にアスベストが含有されていたとしても、そこに住む人には特に健康被害などは出てこないという事はわかっていただけましたね。したがって、飛び込み営業などで「屋根材にアスベストが含まれているから危険です!」等と言われたとしても、そこまで気にすることはなく、逆にそういった恐怖を煽って営業をかける業者は信用できないと思った方が良いでしょう。
そもそもアスベストの撤去となると、「石綿作業従事者特別教育」の受講と「石綿作業主任者技能講習」を修了していなければならず、誰にでも行える作業ではないのです。その為、アスベスト含有の屋根をリフォームしようと思えば、高額になってしまうのは仕方ありません。
ご自宅の屋根でアスベストが含まれているか、どうしても心配と言う方は、お気軽にゼファンまでお問い合せ下さい!

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
料金ページはこちらから

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>9:00-19:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根工事・外壁工事を行います。