新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 建物の負担を軽減できると人気の金属サイディング!具体的なメリットデメリットは何?

2019.05.13

建物の負担を軽減できると人気の金属サイディング!具体的なメリットデメリットは何?

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、建物に利用される外壁材の中でも、近年その人気が急上昇している金属サイディングのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。建物に使用される外壁材は、大きく分けると『サイディング』と『塗り壁(モルタル壁)』の二つに分けることができます。そして、現在の建物で考えるとサイディングを利用した外壁が約80%程度のシェアを誇っており、日本国内の外壁材と言えばサイディングが主流です。
もちろん、サイディングの中にも種類はあり、今回ご紹介する『金属サイディング』以外にも『窯業系』『樹脂系』『木質系』と複数の種類があり、この中では窯業系サイディングが70%程度のシェアを誇っています。金属サイディングは、約10%程度のシェア率ですので、まだまだ完全に普及しているとは言えない状況なのですが、近年、金属サイディングの耐久性やメンテナンス性の高さ、断熱性などが注目され、急速に人気が上がっていると言われています。
そこで本稿では、金属系サイディングが持つメリットと、導入するときに注意しておきたいデメリットに関してまとめてご紹介したいと思います。現在、建物の外壁リフォームをお考えであれば必見ですよ。

金属サイディングとは?

それではまず、金属サイディングとはどのような外壁材なのか?という点について簡単にご紹介しておきます。そもそもサイディングとは、外壁に『貼り付ける』タイプの外壁材のことで、冒頭でご紹介したようにさまざまな種類が存在します。その中でも金属サイディングは、最近人気の金属屋根と同様、ガルバリウム鋼板によって作られた外壁パネル材のことを指しています。
こういった金属製の外壁材は、工場や倉庫の壁面に使われることが多かったのですが、一般住宅で金属屋根が採用されることが増加し、ガルバリウム鋼板の評価が高まるにつれ、金属サイディングも戸建て住宅に使われるようになってきました。
この金属サイディングは、洋風建築のスタイリッシュな外観を実現できるデザイン性やメンテナンス性の高さ、断熱性などが極めて優れていると評価されています。
したがって、最近では外壁にも屋根にも金属素材を採用するフルメタル住宅も増加しています。

金属サイディングのメリット

それでは、ここから金属サイディングが持つメリットについてご紹介していきます。

Merit1施工性が高い

金属サイディングは、金属屋根材と同様に非常に軽量だという特長を持っています。そのため、劣化した外壁や再塗装が必要になった外壁などをリフォームする時、既存外壁の上から金属サイディングを施工するカバー工法(重ね張り)が採用できます。カバー工法は、短期間で工事が済むこと、撤去費が必要なく安価に工事が進められるなど、多くのメリットをもたらせてくれます。

Merit2高い断熱性能

金属サイディングは、断熱効果に非常に優れた外壁材です。この高い断熱性の理由は、金属と断熱材を組み合わせて外壁パネルが作られているという点で、他の外壁材にはない特長となります。また、金属サイディングは、施工するときに下地として胴縁(どうぶち)を取り付けますので、外壁内に空気層を作る「外断熱」という断熱構造になり、高い断熱性を得られるのです。

Merit3メンテナンス性が高い

金属サイディングは、窯業サイディングや塗り壁と比較すると、塗装の密着性が良好のため、塗装にひび割れが入るなども少ないです。金属という素材的特徴があるため、乾燥収縮の影響なども少なく、窯業系サイディングが必要とする再塗装サイクルよりも長い期間において美観を保持することができます。
金属サイディングは、凍害や地震などによるクラックなど、外壁材自体の不具合も少ないので、建物を維持するための高いメンテナンス性が大きなメリットと言えます。

Merit4軽量で建物への負担が少ない

上述しましたが、金属サイディングは、非常に軽量だという特長を持っています。他の外壁材と比較してみると、窯業系サイディングの約1/4、モルタル外壁の約1/10ほどの重量となるため、建物へかかる負担を大きく軽減することができます。したがって、地震による影響も受けにくいというメリットがあります。

Merit5シーリングの劣化が遅い

金属サイディングも、サイディングとサイディングの継ぎ目にシーリングを充填します。このシーリングは、窯業サイディングの場合、露出部分が多いため7年程度に1度の割合でやり替えが必要になるのですが、金属サイディングの場合、露出が非常に少ないので、長持ちします。

金属サイディングのデメリット

金属サイディングにはさまざまなメリットがあるとわかっていただけましたね。それでは、デメリット面もあげておきましょう。

Demerit1価格が高い

金属サイディングが非常に優れているのにかかわらず、なかなか普及しない原因は「価格が高い」というデメリットがあるからです。新築住宅の主流となっている窯業サイディングより高いのはもちろん、リフォーム面でも再塗装工事と比較して約3倍程度の価格になってしまいます。

Demerit2傷がつきやすい、サビる

表面に風に飛ばされてきた小石などがぶつかっただけでも、塗装などに傷が入ってしまうことがあります。また、そのキズからサビが発生してしまう恐れもあります。『サビる』という点は、外壁材の中でも金属サイディングだけですので、大きなデメリットと言えるでしょう。また、金属ですので、他の素材より塩害の影響を受けやすいという弱点もあります。

Demerit3デザインバリエーションが少ない

金属サイディングは、スタイリッシュで非常に優れたデザイン性を持っているのですが、バリエーションは少なめです。窯業サイディングであれば、木目調やレンガ調などさまざまな表現ができるものもありますが、金属サイディングは基本的に「スタイリッシュ・シンプル」といった感じで、表現力には乏しいと考えておいた方が良いです。

金属サイディングの施工業者をお探しならゼファンまで!

今回は、さまざまな外壁材がある中で、ガルバリウム鋼板で作られた金属サイディングのメリット・デメリットについてご紹介しました。
本稿でもご紹介したように、金属サイディングは、非常に軽量で耐震性の高い建物を実現できることや、断熱性能が高く快適な住宅を作れるなど、いろいろなメリットを持っています。また、普段の生活の中でもシーリングが長持ちすることや、ひび割れなども少なく美観を長期間保持してくれるなど、メンテナンス面でもとても優れた住宅を作れる外壁素材です。
ただし、導入を考えた場合には、その他の外壁材と比較して、価格が高めだというデメリットもありますので、中長期的なメンテナンス費用とよく考えて外壁材選びをすることがオススメです。また、まだまだ普及段階の外壁材ですので、金属サイディングでリフォームを進めたいけど、施工ができる業者が少ないということも珍しくないと聞きます。
ゼファンでは、屋根修理はもちろん、外壁リフォームに関しても豊富な実績を持っていますので、金属サイディングの施工業者をお探しであれば、お気軽にご相談ください!

ゼファンは、自社職人および専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。