2017-05-19

丈夫な瓦にも要注意!土・破片がポロポロ落ちていませんか?

こんにちは、屋根修理のプロ集団・ゼファンです。

 

瓦屋根のお住まいをお持ちの皆さん、「瓦は丈夫だから」と安心していませんか?

また、丈夫なはずの瓦屋根から、土や破片が落ちてきているということはありませんか?

「漆喰」が剥がれてきているかもしれません!

 

漆喰とは、瓦の隙間を埋める役割をしている詰め物のことです。

この白い部分が漆喰です。

 

非常に長い耐久年数を誇る瓦屋根ですが、漆喰が劣化してしまうと、さまざまな不具合を引き起こします。

漆喰は雨風や直射日光に晒されているため、劣化が進むと漆喰のひび割れ・剥がれを引き起こし、

土やその破片がポロポロと落ちてくることがあります。

 

もちろん、このように漆喰が剥がれた隙間から雨が入り込み、雨漏りの原因になることも考えられます。

漆喰は、隙間を埋めるだけでなく、瓦の接着や固定の役割を果たしています。

そのため、漆喰が剥がれてしまうことで動きやすくなった瓦のズレや、振動による瓦のひび割れや欠けなど、

長持ちするはずの瓦に悪影響を及ぼしてしまうのです。

雨漏りなどお住まいの心配だけでなく、重い瓦が路上に落ちてくるととても危険です。

 

早めに補修を行えば、古い漆喰を撤去し新しく詰めなおすことができますが、

瓦の割れ・ズレなどが酷い場合は、部分的に瓦の積み直しなどが必要になることもあります。

 

せっかく長持ちする瓦屋根ですから、寿命を縮めないためにしっかりメンテナンスをしたいところです。

現在雨漏りしていなくても、一度「漆喰」の部分をチェックしてみてください。

何事も、早めに対策することが大切です!

少しでも気になることがあれば、お気軽にゼファンまでご相談ください!

お客様からのご相談、心よりお待ち申し上げております。

>> 一覧に戻る