新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 冬の塗装工事の注意点!塗装工事を冬に行うメリット・デメリットを知っておこう!

2018.11.18

冬の塗装工事の注意点!塗装工事を冬に行うメリット・デメリットを知っておこう!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は、寒い冬場に屋根塗装や外壁塗装などの塗装工事を行うことには、どのような問題があるのかについてご紹介していきたいと思います。「寒い冬場の塗装工事」などと聞くと、やはり気温の問題などで、施工した塗装が乾きにくいとイメージし、冬場の塗装工事は避けた方が良いのかなと考える方も多いかもしれませんね。しかし、乾燥の面で考えると、冬場の空気は夏場などと比較すると、湿度も低くとても乾いている状況ですので、前述とは逆に乾燥しやすい状況とも考えられます。
このように一般の方であれば、塗装工事における最適な時期を考えると、疑問に思うことも多く、塗装工事の必要性を感じていたとしても、結果的に先延ばしにしてしまい、最適な塗装のタイミングを逃してしまうケースというのが少なくありません。最初に言っておきますが、屋根塗装や外壁塗装というものは、「寒い冬場だから施工できない!」なんてことはありません。しかし、冬場の塗装工事には、他の時期にはない注意点などもありますので、本稿では冬場の塗装工事のメリットやデメリットと、実際に施工を依頼するときに注意点についてご紹介したいと思います。
塗装の劣化を放置してしまうと、防水効果が切れてしまい、外壁や屋根からの雨漏りを引き起こす可能性があるので、春まで待って工事を…などと考えずに最適なタイミングで施工を進めることをオススメします。

冬場に塗装工事を進める場合のメリット・デメリット

それでは、実際に冬場に塗装工事を進める場合のメリットとデメリットをご紹介していきましょう。まず覚えておいてほしいのは、一般的な塗装工事に使用される塗料には、様々な塗装条件があるという事です。この中では「気温5度以下は施工に適していない」という条件が基本的に掲載されています。もちろん、寒冷地に対応した塗料や施工方法もあるのですが、極端に気温が低い環境下では、塗膜が脆弱になる恐れもあります。これも踏まえたうえで冬場の塗装工事におけるメリット・デメリットをご紹介します。

Merit冬場の塗装工事のメリット

それでは冬場に塗装工事を進める場合のメリットからご紹介しましょう。冬場の塗装工事には、主に天候面などでメリットがあるといえるでしょう。

  • 好天日が多く、日程を組みやすい
    冬場の塗装工事は、好天日が続くことが多く、日程が組みやすく、工期遅れも発生しにくいのが大きなメリットです。例えば、梅雨時期などを考えてみた場合、余裕をもって組んだ日程でも大きく後れが出ることなど珍しくありません。塗装工事などは、自宅周辺に雨がなければ工程通りに進むわけではなく、他の現場の工事に遅れが出れば、その他の工事にも影響が出る場合もあるのです。その点、冬場に塗装工事を行う場合、「いつまでには終わらせたい!」などの希望通りに工事が進むので、近隣にも迷惑をかけません。
  • 空気が乾燥しているため、塗料の硬化に有利
    塗料は乾くと表現されることが多いものですが、正確には硬化するというのが正しいです。そして硬化時間は、日射量、湿度、風などに左右され、春や秋などと比較すると硬化の速度は落ちますが、決して冬場も悪い条件ではないのです。冬場は、気温が低い、日射量が少ないという点を除けば空気が乾燥しているため、塗料の硬化には決して悪くない条件です。したがって、硬化させる時間をきちんと守るのであれば、塗装工事に向いている時期ともいえるのです。

Demerit冬場の塗装工事のデメリット

それでは逆に冬場に塗装工事を進めることのデメリットについてご紹介しましょう。

  • 作業時間が短くなる
    これは日照時間が短いこともありますが、早朝は霜、夜は夜露の事を考慮しなければならないためです。早朝から工事を進めたくとも、塗装面が霜で濡れている場合、乾燥を待つ必要があります。また、日々の施工も夜露の事を考え、その他の季節より早めに終了します。乾燥する前に夜露などで塗装面が濡れてしまうと、塗料本来の機能を発揮できなくなるのです。
  • 塗料の硬化に時間がかかる
    冬場は日射量が少ない、気温が低いという問題で塗料の硬化に時間がかかります。その為、1日に施工できる範囲が少なくなってしまい、工期も長くなると考えておきましょう。
  • 雪が積もると施工できない
    これは梅雨時期の長雨などと同じですが、屋根に雪が積もるような状態であれば施工できません。豪雪地帯でなければそこまで大きな問題にはならないかもしれませんが、雪が多い年は注意が必要でしょう。

冬場の塗装工事の注意点

それでは最後に、冬場の塗装工事における注意点をご紹介します。冬場に塗装工事を行う上で、最も重要と言えるのは、しっかりとした技術を持った施工会社に依頼するという事です。
当たり前のように思えることですが、冬場の塗装はこの部分が決して無視できません。なぜかというと、上述したように、冬であれば早朝の霜や夜露などで塗料が濡れてしまう場合があり、技術力や経験の少ない職人の場合、工期を守ろうと焦って施工を進めてしまうことがあるのです。この場合、塗料が持っている機能を十分に発揮できず、早期に塗膜が劣化を見せる可能性があります。また、冬場の塗装で非常に難しいのが、塗料の乾燥、硬化を見極める『目』です。塗装工事を冬に行うといっても、気温や湿度、天候等、日々異なる環境下で施工を進めることとなります。その為、その日ごとに塗料の硬化時間をきちんと見極めることが出来る熟練の経験と目が必要になるのです。
こういった部分は、一般の方であればなかなか見極めることが難しい部分ですが、施工会社のHP等にどれほどの施工事例があるのかなどで経験を見たり、一級塗装技能士などの免許の有無が一つの目安になると思います。工事を依頼する前には、こういったことをきちんと確認しておきましょう。

冬場の塗装工事は熟練の業者に!

今回は、寒い冬場に屋根塗装や外壁塗装などの塗装工事を進める事には、どのようなメリットとデメリットがあるのかについてご紹介してきました。本稿でもご紹介したように、冬場に塗装工事を行うことに関しては、特に問題なく工事を進めることが可能です。もちろん、気温が低い、日射量が少ないという事については注意しなければならないポイントですが、湿度が低くカラッとした空気は塗料も乾きやすく塗装工事に向いている面もあるのです。
ただし、上述したように、冬場の塗装工事は、工事開始時間の見極めや、その日の工事を終わらせる時間など、熟練の経験が必要不可欠になるといえるでしょう。この辺りが、テキトーになってしまうと、施工直後は綺麗に塗装が仕上がって見えたとしても、塗膜の寿命が短くなってしまい、2,3年で塗装の劣化が見えてくるなどの危険があるのです。
このようなことを考えると、秋や春等に塗装工事を進めることが最適に思えます。しかし、現在の塗装の状況によっては、冬場に塗装工事を進めなければならないという事も考えられますので、しっかりと施工を依頼する業者さんを見極めることが必要です。ゼファンであれば、屋根塗装はもちろん、外壁塗装に関しても熟練の職人が施工を進めますので、現在、屋根や外壁の塗装に劣化が見られて心配…という方はお気軽にお問い合わせください!

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理・雨漏り修理 施工事例一覧

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市に本社を置き屋根工事、外壁工事などの住宅の外装に特化したリフォーム会社です。屋根の葺き替え工事、屋根カバー工事、屋根修理、雨漏り修理、屋根塗装、外壁塗装などプロの職人が施工します。屋根工事のことなら当社にお任せ下さい。
屋根工事のご質問、雨漏りなどのご相談、お問合せ、お見積り大歓迎!ドローンを用いた計測・お見積もり、点検も行っております。

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-18:00 
日曜、祝日も電話対応可能!

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根修理・外壁修理を行います。

屋根のことなら、今すぐお問合せ下さい!
「他社より必ず安くできる理由」をお伝えします!

メールは24時間以内に返信!

0120-03-8814

LINE対応OK!