新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 大阪府堺市で行った雨漏り補修工事。屋根の谷部分の劣化には注意が必要です!

2018.07.13

大阪府堺市で行った雨漏り補修工事。屋根の谷部分の劣化には注意が必要です!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回の工事は、雨漏りのお問合せを頂いて、工事を行った雨漏り修理工事です。今回の建物の雨漏り原因は、建物の屋根の中でも、壁際の取り合い部分に施工されていた谷板金が経年劣化で穴が開いてしまい、そこから水が侵入してしまうといった物でした。そこで、新たに雨漏り補修として、錆などにも非常に強いガルバリウム鋼板をカバー工事で施工したものです。
今回工事を行ったような瓦屋根の建物では、屋根に使用されている瓦が、非常に耐久力が高いという事もあり、『瓦屋根はメンテナンスフリーだ!』という、間違った認識を持っている方が非常に多いものです。確かに『瓦』は、全屋根材の中でも特に耐久力が高いと言われるものですが、瓦屋根は何も瓦のみで構成されているわけではありません。代表的な物をあげてみると、今回雨漏り原因となった『谷板金』や『漆喰』など、いろいろな副材も合わさって初めて瓦屋根としての機能を発揮するのです。しかし、こういった副材は瓦ほどの耐久力がなく、メンテナンスなどを行わなければ、いずれ雨漏りの原因となってしまいます。そして、瓦屋根のメンテナンスを怠る事で、「雨漏りして初めて副材の劣化に気づく…」という事は珍しくありません。
雨漏りは一度発生してしまうと、関係のない部位まで劣化させてしまう可能性もあるので、雨漏りする前に補修が出来るよう、定期的に点検・メンテナンスを行うようにしましょう。

屋根の谷ってどんな役割があるの?

まずは、一般の方があまり目を向ける事のない『屋根の谷』について、屋根の谷とはどのような部分のことで、どんな役割があるのかについてご紹介しておきましょう。
『屋根の谷』とは、その名前の通り、屋根の中でも谷構造になっている部分の事を指しており、『谷樋』等とも呼ばれます。この『屋根の谷』の大きな役割は、屋根上に振り落ちる雨水を集水し、屋根下の雨樋まで集めた水を排水する事です。『屋根の谷』には、基本的に谷板金と言われる金属製の部材が設置されており、古くは錆びにくいと言われていた『銅板』が多く使用されていました。しかし、時代と共に材質も変わり、近年では錆に非常に強く軽量なガルバリウム鋼板が採用されることがほとんどです。
『屋根の谷』は、上述の通り、屋根に落ちる雨水を一手に集水し、排水する役割を持っている為、屋根の中でも特に雨水が集中して流れている場所でもあります。したがって、『屋根の谷』に施工されている谷板金は、他の部位に使用されている板金より劣化も非常に早くなり、錆びて穴が開いてしまい、雨漏りの原因になるという事が非常に多いのです。さらに、屋根の上にある部位ですので、下から確認することもなかなかできない為、劣化に気づく時は雨漏りした時など、後手に回ってしまう事が非常に多いものです。
かといって、素人の方が屋根に上がり点検などしてしまうと非常に危険ですので、定期的にプロの屋根屋さんに点検・メンテナンスを依頼することをお勧めします。

大阪府堺市で行った雨漏り補修工事をご紹介!

それでは、大阪府堺市で行った、雨漏り補修工事の流れを、画像と共にご紹介いたします。今回の雨漏りは、建物の壁際の取り合い部分に設置されていた谷板金が経年劣化で穴が開き、そこから水が侵入していたのが原因です。その為、新たに錆などへの耐久力が非常に高いガルバリウム鋼板をカバー工事にて施工しました。施工に必要な細かな部分の加工は、弊社工場で行いました。ゼファンでは、どのような屋根にも対応できるよう、設備を整えています。

STEP1施工前

まずは施工前の谷板金を見てみましょう。経年劣化で錆びてしまっているのが分かりますね。屋根の中でも谷部分は、屋根に落ちた雨水を一手に集水し、雨樋まで排水する役割を持っている為、非常に負担が大きい箇所なのです。その為、屋根の雨漏り原因となる事も非常に多いので注意しましょう。

STEP2谷場板金周りの瓦を撤去

まずは谷板金の周辺に施工されている瓦を撤去します。瓦は再利用するので、割らないように細心の注意が必要です。

STEP3不必要な既存谷板金を撤去

既存谷板金の中で不必要になる部分をカットし撤去します。

STEP4ルーフィングの施工

撤去が完了したら、ルーフィングを丁寧に施工します。ルーフィングは屋根の2次防水を行う上で、重要ポイントですので細心の注意を払い施行します。

STEP5ガルバリウム鋼板を施工して瓦を戻すと完了

最後に新たに施工するガルバリウム鋼板を施工していきます。今回施工するガルバリウム鋼板は、弊社工場で専用に加工して作りました。ガルバリウム鋼板の施工が完了後、撤去した瓦を復旧し、今回の雨漏り工事は完了です。瓦は、一度撤去しても再利用できる点が非常にエコですね!

雨漏りする前にメンテナンスすることが非常に重要です

今回は、大阪府堺市で行った雨漏り補修工事を画像と共にご紹介してきました。今回の雨漏りは、屋根の中でも壁際に施工されていた谷板金が、経年劣化で穴が開き、そこから雨水が侵入していた…という物です。本稿でもご紹介している通り、屋根の中でも谷部分は、屋根に落ちる雨水を一手に集水し、雨樋まで排出する役割を持っている為、皆さんが思っているよりも非常に負担が大きい部分でもあります。その為、屋根の雨漏り原因を考えた時、真っ先に思い浮かぶのが『谷部分』に何らかの劣化があるという事です。
しかし、屋根の谷の劣化は、普段の生活の中ではなかなか気づくことが出来ませんし、ほとんどの場合、「雨漏りがあって、点検してみると谷が原因だった…」と言う状況です。雨漏りは、たとえ発生したとしても「修理して止めればいい!」と単純に考えているかもしれませんが、そうではありません。一度雨漏りが発生してしまうと、様々な部分にまで水がまわり、全く雨漏り箇所とは関係ない部分まで劣化を進めてしまう物なのです。したがって、建物の主要な柱などに水がまわり、腐食させてしまった…なんてことがあると、建物の建て替えまで必要などと、莫大な費用が必要になるなんて可能性もあるのです。
皆さんは、『雨漏り ⇒ 雨漏り修理』が普通の流れとイメージしているでしょうが、本来は定期的に点検を行い、悪くなったところをいち早く補修し、雨漏りさせない体制を作ると言うのが最も重要だという事を覚えておきましょう!

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪・神戸・兵庫・京都・奈良・滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!
大阪・神戸の雨漏り修理 詳細はこちらから
屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
屋根修理の料金ページはこちらから
雨樋工事ページはこちらから

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>9:00-19:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間2,000件の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根工事・外壁工事を行います。