新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 窓の庇は必要って必要?「雨漏りの原因になるならない方が良いんじゃないの」に答えます!

2017.11.09

窓の庇は必要って必要?「雨漏りの原因になるならない方が良いんじゃないの」に答えます!

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
今回は近年の戸建て住宅では取り付けられない事も多い『庇(ひさし)』についてご紹介したいと思います。最近の住宅デザインは洋風化していると言う理由や、そもそも敷地面積が狭い事や居住スペースを広く取りたいなどといった理由で庇がない家や屋根の出っ張りがかなり少ない住宅が流行しています。そこで疑問なのが、昔から日本で建築されていた建物にはあった『庇(ひさし)』はなくしてもいいものなのか?ということではないでしょうか。そもそも『庇(ひさし)』にはどのような役割があって、つけておくとどんなメリットがあるのかという事を知らないまま最近の流行だからと『庇(ひさし)』を無くしてしまうと後々、後悔するかもしれませんよね!
そこで今回は『庇』を設置するメリットや『庇』をつけるときの注意点などをまとめてご紹介したいと思います!

庇って何?どんな役割があるのか?

まずは『庇(ひさし)』って何?という所からご紹介します。『庇(ひさし)』は窓の上にちょこんと張り出している小さな屋根の様な部位の事です。こう聞けば「あ、見たことある!」となるのではないでしょうか?しかし、窓の上にあんなに小さな『庇』がついていて何の役に立つのか?いらないのでは?と思うかもしれませんね。しかし、実際には建物を守る為に重要な役割を持っている部位でもあります。以下に『庇(ひさし)』の持っている役割をご紹介します。

  • 1.日よけの為
    まず大きな役割としては『日よけ』です。太陽は夏の間は南の高い位置にあり、逆に冬には低い位置になりますね。特に冬の間は太陽が最も高い位置にある正午でも日射の角度はおよそ35度しかないと言われています。
    庇は日本の四季に合わせた役割を持っており、夏の強い日差しは遮って、冬の暖かい日差しは室内に取り入れるという役目を持っています。もちろんカーテンでも直射日光は遮る事はできますが、室内に日差しが入る為、室内に熱はこもってしまいます。
  • 2.雨音を防ぐ為
    小雨や霧雨程度なら問題ありませんが、ゲリラ豪雨などが増えた近年では強い雨が降る事は珍しくありませんよね。そのような強い雨の時は窓にあたる雨音が気になる、うるさいと思ったことのある人は多いのではないでしょうか?特に外壁や屋根等と違って窓ガラスやシャッターなどのガラスや金属素材は音が反響しやすい為、騒音が出やすいという問題もあります。実際に窓やシャッターにあたる雨音で隣家と騒音トラブルになる等という事もあります。庇を窓の上などに設けることによって直接窓に雨が当たる事を防ぎ、ある程度の騒音を防ぐことができます。
  • 3.外壁などの汚れを防ぐ
    現在『庇』のない建物に住んでいる方や、そうでない方でも窓のサッシの端から下に向かって黒いラインが引かれたような汚れを目にしたことがある方は多いと思います。これは窓に雨が当たり流れ落ちてきた雨水がサッシに溜まった埃やゴミを取り込み外壁にそって流れていくときにつく汚れです。
    『庇』は窓やサッシに水が直接触れることを防ぐため、汚れや劣化などから外壁を守ってくれるという役割を持っています。また窓に直接雨水が当たりにくい為、窓に水垢がつくことも防止します。

大まかに言って『庇』をつけることで上記の様なメリットがあります。

庇は雨漏りの原因になる場合も・・・

それでは次に『庇』を取り付けるときの注意点をご紹介します。多くの方のイメージでは「雨漏りは屋根に何らかの問題があり起こる」と考えるのではないでしょうか?
しかし実際には雨漏りの原因は屋根の問題ではなく外壁に問題がある場合の方が多いです。割合で考えると『7:3=外壁:屋根』と言われるほどで、その中でも庇と外壁の取り合い部分の施工不良が原因となっているものは非常に多いです。これは外壁へ庇と取り付けるために打たれる釘穴から雨水が侵入していると言う理由がほとんどで、知らないうちに外壁の内面へ雨水が侵入し、問題が進んでいるため発見も困難という問題もあります。庇から雨水が侵入していることに気付かずそのまま放置してしまうと、侵入した雨水が構造物を腐敗させ外壁の剥離が起こったり、庇が落下したりする恐れがあります。
外壁からの雨漏りはこういったサッシ周りや庇からの雨漏りがほとんどな為、雨漏りさせないためにはこういった部分を塗料でしっかりとコーティングするようにしましょう。

庇は日本の四季を考えられた部位!是非取り付けるようにしましょう!

今回は普段はあまり注目することのない部位『庇』に関してご紹介しました。『庇』は上述した通り様々な役割を持っており、取り付けることにより多くのメリットもたらしてくれる部位です。特に高温多湿で四季のある日本の気候を考えた場合には庇の持つ役割は家を守るためには非常に役に立ちます。その為、住宅を建てるときに余裕がある場合には庇をつけることをオススメします。しかし庇の設置は丁寧に行わなければ雨漏りの大きな原因となってしまう為、その点を考慮したうえでつけてくださいね!

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円(大阪、京都、奈良、滋賀)で屋根のお困りごと(屋根修理、雨漏り修理)がございましたらお気軽にご相談ください!

屋根修理のプロ、ゼファンのHPはこちらから
料金ページはこちらから

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>10:00-17:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間1000棟の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根工事・外壁工事を行います。