2017-04-21

定期的にメンテナンスが必要!屋根の漆喰補修

 

こんにちは、屋根修理のプロ集団・ゼファンです。

今回は、和瓦の屋根の漆喰工事についてご紹介します。

 

漆喰とは、和瓦の隙間などに塗られている白い詰め物のことです。

瓦の固着・接着の役目を果たしています。

漆喰がなかったり、劣化してきたりすると、瓦のずれやひび割れ、雨漏りを引き起こします。

 

施工前の写真が、こちら。

 

 

まず、劣化している部分の漆喰を取り除いていきます。

 

その隙間に、新しく漆喰を塗っていきます。

施工後の写真がこちらです。

隙間を埋めている白い詰め物が、漆喰です。

 

漆喰は、10年に1度の間隔でメンテナンスが必要と言われています。

ご自宅の漆喰は大丈夫でしょうか?

劣化やひび割れ・はがれが見られる場合は、雨漏りする前に補修をオススメします!

>> 一覧に戻る