和瓦の葺き替え、雨樋の施工、カラーベストのカバー工法等、施工手順を紹介します。
見えない部分の施工をどのように行っているか御覧ください。
丁寧な工事・施工が自慢です!

和瓦の葺き替えの場合

①瓦のめくり・おろし

瓦のめくり・おろし

現状の瓦を1枚1枚めくっていきます。昔の瓦は下に土をひいているのでその土も全て取り除きます。

②コンパネ下地(12mm)

コンパネ下地

下地の調整を補強後、その上からコンパネを張って屋根の葺く準備を整えます。

③ルーフィング

ルーフィング

コンパネの上にルーフィング(防水シート)をはっていきます。アスファルト材、またゴムアスファルト材でできたシートを敷きつめることで防水性を高め建物を水から守ります。

④屋根材の施工

雨樋の施工

軒先から新しい屋根材を施工していきます。1枚ずつ釘で丁寧に止めていくのでしっかり固定されます。

⑤雨樋の施工

雨樋の施工

雨樋は一番最後に施工します。軒先部分につけた後、縦に数か所落とし排水パイプにつなぎます。

①既存の役物の撤去 ※カラーベストのカバー工法の場合

カラー工法 役物の撤去

ルーフィング屋根材を施工するのに邪魔になるので役物だけ撤去します。

②片面粘着ルーフィング

雨樋の施工

普通のルーフィングだとカラーベストの上から止まらないので貼るタイプの粘着ルーフィングを使用します。

③屋根材の施工

雨樋の施工

普段使っているビスだと屋根材を重ねているので下地まで届きません。ですので長いビスでしっかり固定させます。