新着情報・ニュース

  1. ホーム
  2. 新着情報・ニュース
  3. 外壁や屋根は定期的にチェック。自分で出来る外壁・屋根のセルフチェックとは?

2017.09.29

外壁や屋根は定期的にチェック。自分で出来る外壁・屋根のセルフチェックとは?

新着情報・ニュース

こんにちは、屋根修理と外壁修理のプロ集団・ゼファンです。
外壁や屋根の塗装は、いかに美観を長く保ってくれるのか、塗料の塗膜(塗料によって出来た保護膜)によっていかに長く家を保護してくれるのかが非常に重要ですよね。家は皆様と同様に歳をとるもので、新築や中古で購入した時は何の問題がなくても年数が進むにつれて人間と同じように衰えていきます。年数を重ねた塗膜は経年劣化をしてしまい、外壁や屋根を保護する能力も低下していきますので、劣化した塗膜では雨や風を十分に防ぐことはできなくなります。そこで重要になってくるのが定期的に屋根や外壁の点検を行い、各所の劣化を早期に発見するという事です。そうすることによって劣化を『致命的なラインを超える前』に補修することができ、結果的に建物全体の寿命を延ばすことにもつながります。
ここでは外壁や屋根の自分でもできるセルフチェックと、どのような不具合があった時に業者さんに相談するべきかをご紹介したいと思いと思います。これを機会に、一度ご自宅のセルフチェックを行ってみてはいかがでしょうか?

自分で出来る屋根や外壁の点検方法

一言に『家』のセルフチェックと言っても、家には様々なパーツが存在し、そのパーツによって劣化の進行具合は変わってきますし、また、同じパーツでも使用材料によっても劣化具合は違います。ここでは一般の人でも目で見てわかる状態を簡単にまとめています。あくまで簡易的な点検になるので「築年数も経過しているためしっかり点検したい」と言う方は業者さんに相談しましょう。

PATTERN.1外壁にひび割れ(クラックがある)


モルタル壁(塗り壁)の場合は外壁全体を見回してみましょう。モルタル壁に使用されている「モルタル」はセメントに骨材となる砂と水を混ぜたものですが、この材料はひび割れが発生しやすいという特徴があります。ここで注意して頂きたいのはモルタル壁のクラックには大きく分けて二つあるということです。外壁にクラックを見つけた場合、そのクラックが0.3mm以下の非常に小さいクラックの場合は、ヘアークラックと呼ばれるもので、外壁の上の塗膜にひびが入っているものです。このヘアークラックの場合は外壁にクラックが入っているわけではないので通常その上から塗装をすることで補修は可能となり、特別な修繕は必要ありません。0.3mm以上のクラックの場合は建物の構造に何らかの問題があり入るクラックで構造クラックと言われます。この場合は亀裂から雨水が侵入する恐れがありますので業者さんに相談しましょう。その他の注意点としては「塗膜のはがれ」や「塗膜のふくれ」がないかを確認しましょう。

PATTERN.2モルタル壁のチョーキング現象


チョーキング現象は外壁塗装の目安となる劣化の一つです。このチョーキングとは、外壁などを手の指などでこすった時に指に白い粉の様なものがつく現象です。チョーキング現象は、紫外線や熱、風雨に長年さらされる事で塗膜が劣化し、塗料の成分である顔料がチョークの様に粉状になっているため起こります。チョーキング現象をおこしている外壁は防水効果が切れたと言うサインで、この現象はプロでなくてもわかる塗装の目安と言われています。放っておくと外壁から雨水が侵入し建物自体の劣化を招きますので、塗り替えを考えましょう。

PATTERN.3サイディングボードのシーリングが劣化している


サイディンボードを使用した外壁の場合、サイディングのつなぎ目部分にシーリング(コーキング)と言われるゴム状の物を、隙間を埋めるために詰めています。このシーリングが経年劣化でひび割れを起こしたりやせ細ったりし、そこに隙間が出来ると雨水が侵入してしまう原因となります。サイディングボードのシーリングはだいたい7~8年ほどで劣化するため劣化を発見した場合は業者さんにシーリングの打ち替えや打ち増し補修を依頼しましょう。
因みにシーリングはサッシ周りやドア周りにも使用されていますので、サイディング外壁じゃないからと言って安心という訳ではありません。

PATTERN.4屋根のひび割れ


屋根の劣化や塗り替え時期の目安としてよくあるのは『屋根のひび割れ』です。屋根は常に風雨や紫外線の影響を受け、建物の中でも最も過酷な環境下におかれている部位です。その屋根に使用されている屋根材は様々な理由で劣化していきます。屋根材の寿命的問題もありますが、外的要因によってもひび割れが発生したりします。屋根のひび割れを放置してしまうと雨漏りの原因となりますし、そこから侵入した雨水によってその他の部位に悪影響を与える可能性も高いです。ひび割れを見つけた場合は、該当部分の材料交換等、部分的な補修を業者さんに依頼することをオススメします。ただし、使用している屋根材によって注意点も違いますので数年に1度、業者さんに点検してもらうことをオススメします。

PATTERN.5外壁、屋根のツヤ・色褪せ・変色


外壁や屋根塗装の目安として比較的判断しやすいものとして「ツヤ・色褪せ・変色」があります。新築時は太陽が当たるとピカピカ輝いていた外壁や屋根でも、年数が経つと劣化でツヤがなくなり色褪せや変色をします。普段は毎日見ているものなのでなかなか気づきにくいものかもしれませんが、注意してみるとくすんで見えるなんてことが多いです。外壁や屋根の見た目は、基本的に『ツヤがなくなる⇒色褪せ・変色⇒チョーキング⇒クラックが入る⇒塗装がはがれる』の順で劣化していきますが、チョーキング現象が起こるまでに塗り替えすることをオススメします。

屋根や外壁の劣化原因は様々。定期的な点検を心がけましょう。

今回は外壁や屋根の自分で確認できる劣化状況をご紹介しました。上記に挙げたもの以外にも「屋根や外壁にコケや藻、カビが生えている」や「建物の金属部分がサビている」など注意深く建物を見て回れば自分で発見できる劣化は多くあります。こういった小さな劣化でも放置してしまうとどんどん劣化が進行し、最終的には大リフォームが必要になるなんてこともありますので的確に対応するようにしましょう。建物の劣化は早期発見し、劣化が進む前に修繕することが結果的に建物自体を長持ちさせる秘訣になります。面倒くさいと思うかもしれませんが時々でもご自宅を注意して見ることをお勧めします。
もちろんプロでないとなかなか発見できない劣化などもありますので、定期的に業者さんに点検を依頼することをオススメします。

ゼファンは、自社職人及び専属外注の職人集団で屋根修理・雨漏り修理を行っているプロ集団です。調査の段階から自社の職人が行いますので、正確に原因を突き止め、屋根に最適な修繕方法をご提案しております。関西一円で屋根のお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください!

ゼファンの事をもっと知っていただけるコンテンツ

会社情報

大阪本社
〒571-0043 大阪府門真市桑才新町1-6

株式会社ゼファンは、大阪府門真市にある屋根や外壁など住宅の外装に特化したリフォーム会社です。
屋根の葺き替え・カバー工法・塗装など、プロの職人が施工します。屋根の修理なら当社にお任せください。
屋根の修理・リフォームのお見積りも大歓迎!

ご質問やお見積りは即日~1営業日以内にお返事!

0120-03-8814<受付時間>9:00-19:00
<定休日>日曜日・祝日

フォームからのお問い合わせ・お見積りはこちら

ゼファンは皆様の大切な生命と財産を守る、高品質の施工を行います。雨漏り修理をはじめとする屋根修理・外壁塗装など、住宅のリフォームに特化しているゼファンでは、自社の職人がお客様のもとへお伺いします。そのため、お客様のリクエストには柔軟に対応可能。何でもご要望をお聞かせください。雨漏り修理等お急ぎのご相談もお気軽にどうぞ。年間1000棟の施工実績を誇りに、お客様満足を追求した屋根工事・外壁工事を行います。