2017-05-16

壁・窓際からの雨漏りに要注意!コーキング打ち替え

 

こんにちは、屋根修理のプロ集団・ゼファンです。

今回は、壁際のコーキング打ち替え工事についてご案内致します。

 

コーキングとは、気密性や防水性を高めるために、外壁材などの隙間をゴム状の材料で埋めることを言います。

施工したばかりの時は、やわらかく伸縮性がありますが、

年数をかけ雨や紫外線を受けることで次第に傷み、固くなったコーキング材は伸縮や振動により亀裂・剥がれを引き起こします。

 

今回、とあるお宅のコーキング打ち替え工事を行いましたので、ご紹介致します。

コーキングにひび割れが見られます。

 

まずはこの傷んだコーキングに切り込みを入れ、綺麗に取り除きます。

 

既存のコーキング材を撤去したら、新しいコーキング材がはみ出さないよう、テープで養生していきます。

これで、新しいコーキング材の施工の準備ができました。

 

今回使ったコーキング材は、「オートンイクシード(オート科学工業株式会社)」

この商品は、柔軟性に非常に優れています。

経年による硬質化がしにくく、柔らかさが長続きするためひび割れにくいのです。

また、新技術の汚れ防止成分が配合されていますので、汚れの付着も抑えられ、美観も長持ちします。

 

このコーキング材を施工する前に、専用のプライマーと呼ばれる下塗り材を塗っていきます。

プライマーを塗ることで、壁際とコーキング材の密着性を高めます。

 

 

プライマーが乾いたら、コーキング材をたっぷりと打ち込んでいきます。

コーキング材は、コーキングガンを使って打ち込みます。

ボリュームが足りないと防水性が損なわれるので、しっかりと打ち込んでいきます。

コーキング材を打ち込んだら、ヘラでならし、整えていきます。

 

乾く前に養生テープを剥がし、コーキング材が完全に乾けば施工完了です。

 

コーキングは気密性や防水性のために施工されるものですので、隙間ができてしまうと美観性だけでなく、建物の耐久性も損なわれてしまいます。

コーキングのひび割れた部分から湿気や雨水が侵入することもありますので、劣化したコーキングは新しく「打ち替え」する必要があります。

 

皆さまも、ご自宅のコーキングをチェックしてみてください!

 

>> 一覧に戻る