2017-03-14

雨漏り補修工事レポート「屋根の谷からの雨漏りのケース」

こんにちは、屋根修理のプロ集団・ゼファンです。
私たちが手掛けた屋根の補修工事の事例をご紹介します。

 

今回は屋根の「谷」と呼ばれる部分からの雨漏り補修工事です。

 

屋根の上で、異なる方向の流れ合わさる部分は谷状になり、雨水を流すために「谷樋」を設けています。古い住宅ではトタンを使って谷樋を施工しているケースも多く、サビが生じて雨漏りが発生することも少なくありません。

 

今回施工した住宅も、谷の部分が腐食して雨漏りの原因となっていましたので、谷樋の交換をご提案しました。

 

工事の流れ
1)谷に沿った瓦を一時移動させる
2)古い谷樋(赤いトタン)を撤去

 

 
3)新しい谷樋(グレー)を敷設

 

 
4)あたらしい『谷』をつくる
5)漆喰(しっくい)を塗る

 

 
6)瓦を戻して完成

 

 

新しく敷いた谷樋は、弊社で板金加工したガルバニウム鋼板を使用しています。ガルバニウム鋼板はトタンに比べると4倍の防錆性能を持つとされる軽くて強い素材なので、雨漏り対策もこれで大丈夫。

 

いかがですか? 工事の様子がおわかりいただけましたか?

 

ゼファンではただいま「雨漏り修理 お見積り金額10%OFFキャンペーン」を実施中。3月中に雨漏り修理のお見積をお申し込みいただいた場合、通常のお見積金額よりも10%OFFとさせていただきます! (ただし、「お客様の声」アンケート記入と現場写真の撮影にご協力いただくことが条件となります)

 

まずは、お問い合わせくださいね!
フリーダイヤル0120-03-8814

>> 一覧に戻る